FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
上高地にて(10)
長く続けた上高地の最終回です。

(1) 河童橋近くからの梓川の流れ。
P1030547.jpg



(2) 明神橋から明神池への行く道、台風の次の日でしたが、登山姿の方々は大勢いました。
P1030564.jpg



(3) 今回、コマドリには3か所で出会いました。 ここでは、虫を咥えて移動中。
P1350504.jpg



(4) 近くで子育て中の模様なので、すぐにこの場を離れました。
P1350509.jpg



(6) 最後に出会ったコマドリ、笹の葉に隠れて大きな声で囀っていました。
P1350512.jpg



(7) 前の笹の葉が邪魔ですが仕方ありません。
P1350524.jpg



(8) 少し移動したら今度は足が隠れてしまいました。
P1350527.jpg



おまけは近くに咲いていた植物。
(9) トモエソウ(巴草)、花が巴形でその名が付けられたとのこと。
P1350567.jpg



(10) メタカラコウ(雌宝香)と思います。
P1350278.jpg



(11) そして最後は、オニシモツケ(鬼下野)と思います。
P1350329.jpg

長々と続けましたが、これで上高地を終わります。
鳥、チョウ、植物そして景色と盛沢山に楽しめました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



上高地にて(5)
昨日の続きの上高地です。

(1) 河童橋から明神地区への道でコマドリの声が聞こえてきました。 これが一番近くにいたコマドリ。
P1350343.jpg



(2) 枯れ枝のお立ち台に立って大きな声で囀ってくれました。
P1350352.jpg



(3) 今までコマドリに縁がなく、初撮りです。 暗くてSSを上げられず、クチバシがブレました。
   尾羽を広げて全身で囀っている様子が可愛らしいです。
P1350358.jpg



(4) 本当に歌うっているようです。
P1350362.jpg



(5) ちょっと一休み。
P1350365.jpg



(6) 再び囀り始めました。
P1350367.jpg

コマドリ(駒鳥):全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の夏鳥。 ウグイス、オオルリと共に日本三鳴鳥の一種。
「ヒンカラカラ」とさえずる声が、馬のいななきに似ているところから、駒の鳥でコマドリとのこと。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『中華人民共和国南部、日本、樺太南部、南千島。
夏季に日本やサハリン、南千島で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部へ南下し越冬する。
日本では夏季に繁殖のため九州以北に飛来(夏鳥)する。』



おまけは近くに咲いていた植物。
(7) ゴゼンタチバナ(御前橘):亜高山帯-高山帯の針葉樹林下や林縁に生育。
P1350327.jpg



(8) キンミズヒキ(金水引)
P1350322.jpg

続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.