FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202103<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202105
ホオジロハクセキレイ(頬白白鶺鴒)
先日、ホオジロハクセキレイという長い名前の鳥さんに出会いました。

(1) 人が通る所を足早に歩くホオジロハクセキレイ、過眼線がなくて間延びしたようなお顔。
P1410216.jpg



(2) 参考までに通常のハクセキレイはこちら、黒い過眼線がある見慣れた顔です。
P1260400.jpg



(3) 気を付けの姿勢。
P1410207.jpg



(4) 「どうぞお見知りおきくださいね。」
P1410208.jpg



(5) 人馴れしているようで、近くを行ったり来たり。 双眼鏡で見ないと見逃してしまうであろうホオジロハクセキレイです。
P1410211.jpg
(武蔵丘陵森林公園の入り口で遭遇)
通常は本州西部以南で見られるようですが、埼玉で冬季観察されたのは温暖化の影響なのでしょうか?

Wikiによると、日本で見られるハクセキレイは、ハクセキレイを除き次の4亜種に分類されるそうです。
タイワンハクセキレイ
ロシア(中央シベリア高原以東のシベリア・極東地域)およびアラスカ西岸に分布し、日本国内にも少数が分布する。
過眼線があるなど容姿はハクセキレイと酷似するが、本亜種は胸部の黒色が嘴の下までつながる点で判別される。
ホオジロハクセキレイ
中国大陸、朝鮮半島、台湾、日本(南西諸島、九州、本州西部)に分布し、台湾では普通種。
日本の本州では渡りの最中などで見られることがある。過眼線が無く、容姿はタイリクハクセキレイ基亜種に酷似する。
シベリアハクセキレイ
ロシア(バイカル湖周辺の高地)、モンゴル、中国内モンゴル自治区に分布する。日本国内では観察記録があるものの、めったに観察されない。
ネパールハクセキレイ
ヒマラヤ山脈周辺に分布する。日本国内では観察記録があるものの、めったに観察されない。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.