FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
乗鞍・畳平にて-続
昨日の続きで、雨と風と霧の中での高山植物です。

(1) ヨツバシオガマ、咲き始めです。
P1350101.jpg



(2) こちらのヨツバシオガマは、完全に開いていました。
P1350127.jpg




(3) 手前の紫がヤマオダマキ、白がハクサンイチゲ。
P1350110.jpg



(4) ヤマオダマキをアップで。
P1350106.jpg



(5) 岩の割れ目から出たイワギキョウと思います。
P1350108.jpg



(7) 小さな白い花を付けたイワツメグサ。
P1350124.jpg



(8) オンタデ、赤い実がついているので雌株のようです。
P1350128.jpg



(9) 斜面の砂礫には、高山植物の女王といわれるコマクサが見頃でした。手前の小さな白い花はイワツメグサ。
P1350117.jpg



(10) 形の良いコマクサ。 その名前は花の形が馬(駒)の顔に似ていることからだそうです。
P1350118.jpg
1時間程の撮影で身体が冷えてしまい、早々に退却です。



(11) 夕方、上高地の宿へと移動、こちらも雨でした。 明日は止んで欲しいですが…。
P1030527.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



乗鞍・畳平にて
先週末、乗鞍・畳平と上高地へ行ってきましたので、その様子を何回かに分けて紹介したいと思います。

(1) 台風の影響で乗鞍は、雨と風で鳥見どころではありませんでした。ビジターセンター情報では気温12.4℃、強風とのこと。
P1030511.jpg



(2) ライチョウは諦めて、高山植物を見ることに切り替えました。 お花畑はこんな風にガスって周囲の山々は見えません。
   雨合羽を着て濡れながらの撮影となりました。
P1030519.jpg



(3) 白いのは、ハクサンイチゲ、黄色いのはミヤマキンポウゲだと思います。
P1030513.jpg



(4) ハクサンイチゲをアップで撮影。
P1350099.jpg



(5) ミヤマキンポウゲ(だと思います)のアップ。
P1350088.jpg



(6) 小さなコイワカガミが沢山咲いています。
P1350093.jpg



(7) コイワカガミのアップ。
P1350090.jpg



(8) コバイケイソウ。
P1350092.jpg



(9) クロユリが見頃です。
P1350096.jpg



(10) 仲良しクロユリ兄弟。
P1350095.jpg



(11) チングルマが一輪、寂しそう。
P1350100.jpg

高山植物に合う頻度が少なくて、名前を間違えていないか心配です。
もし間違いにお気付きでしたら教えて頂けると嬉しいです。
なお、ここで唯一出会った鳥はイワヒバリで、一瞬の遭遇でした。
続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
山中湖畔
大洞での鳥見終了後、山中湖畔へ行ってみました。

(1) この日は、曇りで富士山は見えず。 道路脇には街路樹として植えられたライラックが咲いていました。
P1330337.jpg



(2) こちらは白。
P1330339.jpg



(3) 山中湖文学の森公園というものもありました。
P1030402.jpg



(4) 三島由紀夫と徳富蘇峰を展示している館があるそうですが、時間がなくそこには入りませんでした。
P1030401.jpg



(5) 森の中を歩いて行くと、復元された尋常高等小学校。
P1030403.jpg



(6) 古民家を移築した「蒼生庵」、五右衛門風呂が見えます。
P1030404.jpg



(7) 森の中を歩いて行くと、シジュウカラのさえずりが聞こえてきました。
P1330341.jpg



(8) 新緑の中で気持ちよさそうです。
P1330342.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
茨木県稲敷市にて
こどもの日に、茨木県稲敷市浮島に鳥見に行ってきました。

(1) 霞ケ浦の西端に当たり、葦原が一面に広がっています。
なお、市のHPによると、「妙岐ノ鼻とは、浮島地区の稲敷大橋付近に広がる湿地帯で、この場所が霞ヶ浦に鼻のようにつきだしていることからこう呼ばれています。 」とのことです。
  ここは、3月の初めにチュウヒやハイイロチュウヒのねぐら入りを観察した場所です。
IMG_20190505_114256.jpg



(2) この辺りに生息する鳥の一覧、この時季ですと、オオセッカ、オオヨシキリ、コジュリン、セッカ、ミサゴ、チュウヒ、ヨシゴイ、ヒクイナが期待されます。
IMG_20190505_114309.jpg



(3) まず最初は、大声でさえずるオオヨシキリ。 全長18cmとスズメより大きいヨシキリ科の夏鳥。
P1320486.jpg



(4) 遠くで赤い口を開けてさえずる姿があちこちで見られます。
P1320493.jpg



(5) これが一番近かったオオヨシキリ。
P1320498.jpg



(6) コジュリンは、もっと遠くて私の機材では解像しません。 全長15cmとスズメより少し大きいホオジロ科の夏鳥。
P1320507.jpg



(7) 観察路から見えたコジュリン、頭が真っ黒で、目が出ません。
P1320666.jpg



(8) 近くの田んぼに、コチドリが少数いました。 全長16cmとスズメより大きいチドリ科の夏鳥。
P1320515.jpg

続きます。
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
長瀞・宝登山(5)
長瀞・宝登山の最終回です。

(1) 長瀞駅に向かって下山していきます。 サクラに、ヒガラ、シジュウカラ、エナガなどが来ていましたが撮れたのはエナガのみ。
   このエナガ、長い尾羽が抱卵していたためでしょうか、曲がっています。
P1310783.jpg



(2) ウグイスカグラが小さい可憐な花を沢山付けていました。
P1310787.jpg



(3) アップで撮ってみました。
P1310790.jpg



(4) スミレが花開いていましたが、何スミレでしょうか?
P1310791.jpg



(5) こちらはただのスミレかと思いますが、よく分かりません。
P1310792.jpg



(6) 平地に降りてきました。 ハナモモがとても綺麗に見えます。
P1310794.jpg



(7) 込み入った斜面にカタクリの花。
P1310795.jpg



(8) 最後は、ハナモモでの締めです。
P1310797.jpg

長瀞駅を10時に出発し、再び戻ってきたのは15時半ごろ、約1万八千歩、よいハイキングができました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.