ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
コジュケイ(小綬鶏)
今日から再び鳥さんブログに戻ります。
まずは、コジュケイ(小綬鶏)さんに出演して貰います。

(1)藪から出てきた二羽のコジュケイさん。 きっとカップルなのだと思います。
P4016240.jpg
警戒心が強く、なかなか姿を見ることは叶いませんが、このときはラッキーでした。


(2)遠くから見ていると、シロハラさんも来ました。
P4016250.jpg



(3)図鑑には、コジュケイ28cm、シロハラ25cmとありますが、それ以上にコジュケイさんの方が大きく感じます。
P4016254.jpg



(4)上とは別の日に、一羽で行動するコジュケイさんに出会いました。
P4106571.jpg



(5)小さな川の対岸を急ぎ足で歩いていました。
P4106585.jpg



(6)色は、青白色、赤褐色、褐色などで、きれいな模様を形成しています。キジ科の仲間だけあり立派な足をしています。
P4106607.jpg

春に「チョットコイ、チョットコイ」とビックリする位大きな声で鳴きますが、姿はなかなか拝めません。
中国南部原産で、ペットとして1919年輸入されたものが逃げ出して野生化したとのことです。

最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
コジュケイ(小綬鶏)
今日は、コジュケイ(小綬鶏)さんに出演願いました。

(1)草や木の葉が茂り、一人がやっと通れるくらいの道をコジュケイさんが歩いていました。 ”後ろから失礼します”
P6208346.jpg



(2)そのうちこちらに気が付き、振り返ってくれました。
P6208351.jpg



(3)普段、非常に警戒心が強いので、あっという間に隠れてしまうことが多いのです。しかしこの時は道を歩き続けていました。
P6208360.jpg



(4)「ボクに何か用ですか?」とつぶらな瞳で問いかけられてしました。
P6208372.jpg

コジュケイ:全長27cm、キジバトより小さいキジ科に分類される留鳥。
       元々は外来種で1919年に神奈川県で狩猟用に放鳥されたとのこと(Wikiによる)

最後までご覧頂きありがとうございます。
コジュケイ(小綬鶏)
今日は、コジュケイ(小綬鶏)さんに出演願いました。

(1)茶畑で二羽のコジュケイさんに出会いましたが、嫌われたようでどんどん歩いて行きます。。
P3212956.jpg



(2)枯葉の上を歩くとよく似ていて姿を見失います。身を守るための保護色ですね。
P3212963.jpg



(3)なかなかこちらを向いてくれません。
P3212967.jpg



(4)ようやく顔を見せてくれました。
P3212974.jpg
コジュケイ:全長28cm、キジバトより小さいキジ科に分類される留鳥。
Wikiによると『日本にはペットとして移入された。狩猟用に基亜種が1919年に東京都や神奈川県で(1915年には既に脱走していたとされる)、亜種テッケイが1933年に埼玉県や兵庫県で放鳥された。』というように元々は外来種。しかし、今では定着して外来種であることを意識することはあまりないように思います。

「チョットコーイ チョットコーイ・・・」と呼ぶので、行ってみると顔も見せない恥ずかしがり屋さんです。


おまけは、ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)とオオイヌフグリ(大犬の陰嚢)
P3212083.jpg
すっかり春めいてきました。

最後までご覧頂きありがとうございます。
すばやい
今日は、コジュケイ(小綬鶏)さん。

(1)竹藪のそばでこちらにお尻を向けている五羽の鳥さん、あなた方はだ~れ?
P1024940.jpg





(2)「ボク達は、食べ物探しに忙しいので、悪いけどあなたのお付き合いは出来ませんよ。」
P1024941.jpg
ちらりと見えた横顔からコジュケイと分かりました。





(3)「そんなもんで失礼しますよ。」
P1024944.jpg






(4)「あちらにホオジロさんがいますね。ホオジロさんがあなたのお相手をしてくれるでしょう。」
P1024946.jpg
ホオジロさんにふられてしまいました。

この後、あっという間に竹藪の中に入ってしまいました。

なかなかゆっくりと撮らせてくれないコジュケイさん、警戒心が相当強いです。

聞きなしは「ちょっと来い、ちょっと来い」で、姿は見えなくてもこの鳴き声を聞くことは多いです。

キジ科に属し、全長28cm、キジバトより少し小さい留鳥。

コジュケイ
先週、秩父に行った際、コジュケイに出くわした。
よくキジを見かける付近だが、この日は小柄で地味な鳥が数羽に遭遇。
こっちの姿を見るとすぐに逃げ出したので、慌てて撮った。
そのためピントが合っていなかったりで、後ろ姿や隠れる姿の証拠写真程度。
キジ以上に警戒心が強いので相手に気付かれる前に、こちらが見つけないと撮るのは難しい。
確認したところやはりコジュケイ。家族で餌拾いに出たところだったのだろう。

P1010754.jpg

P1010765a.jpg
この顔はまぎれもなくコジュケイ。元々は台湾や中国原産で、100年ほど前に持ち込まれた外来種が野生化したとのこと。
鳴き声は「ちょっと来い、ちょっと来い」が有名。
(カメラ:パナソニック、FZ38)
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.