ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
モズ(百舌)
伊佐沼シリーズ5回目の今日は、モズの登場です。

(1) 水位が下がりハスが完全に露出したところにモズさん(♀)がとまっていました。
P1150684.jpg



(2) 「キィー キィー キチキチキチ」というようななぎ声を発していました。
P1150688.jpg
「モズの高鳴き七十五日」とは、高鳴きを初めて聞いてから75日目に初霜があるとして、農作業の目安にしている地域があるそうです。





(3) 秋から冬にかけて一羽ずつ縄張りを持つため、オスもメスも縄張り宣言のため高鳴きをします。
P1150690.jpg



(4) このときは、珍しくモズより高い位置から撮影することが出来ました。
P1150694.jpg

モズ:全長20cm、キセキレイと同じ長さのモズ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『日本、中国東部から南部、朝鮮半島、ロシア南東部(樺太南部含む)に分布している。
模式標本(L. b. bucephalus 亜種モズ)の産地(模式産地)は日本。日本の北海道、本州、四国、九州に分布している。
中国東部や朝鮮半島、ウスリー南部、樺太で繁殖し、冬季になると中国南部へ南下し越冬する。
日本では基亜種が周年生息(留鳥)するが、北部に分布する個体群や山地に生息する個体群は秋季になると南下したり標高の低い場所へ移動し越冬する。
南西諸島では渡りの途中に飛来(旅鳥)するか、冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
里山散歩(下)
昨日の続きで、今日はモズとカラスの登場です。

(1) 夏の間姿を見せなかったモズ(♂)が里山に帰ってきました。 愛らしい姿は相変わらずです。 
P1150177.jpg



(2) 私に気が付いたのか飛び出しました。
P1150179.jpg



(3) 近くの植物にとまりました。 高鳴きを期待しましたが静かでした。
P1150181.jpg



(4) こちらは稲刈りが終わった田んぼでハシボソガラスが落穂拾いです。白い班が見えますが幼鳥だと思います。
P1150170.jpg



(5) 頭も上げず一生懸命探していました。
P1150175.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
モズ(百舌)
今日は、久しぶりにモズが出演します。

(1) モズ男くん、逆光で過眼線にある目が出ていません。
P1050640.jpg



(2) こちらを向いてくれました。
P1050643.jpg



(3) こちらはモズ子ちゃん、とっても可愛らしいです。 しかし、かぎ型のクチバシを見ると小さな猛禽であることを思い起こさせます。
P1040940.jpg

モズ:全長20cm、キセキレイと同大の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『中国東部や朝鮮半島、ウスリー南部、樺太で繁殖し、冬季になると中国南部へ南下し越冬する。
日本では基亜種が周年生息(留鳥)するが、北部に分布する個体群や山地に生息する個体群は秋季になると南下したり標高の低い場所へ移動し越冬する。
南西諸島では渡りの途中に飛来(旅鳥)するか、冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。』


(4) 白梅に紅梅が重なりきれいな光景を見せてくれました。
P2220036.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
モズ(百舌)
夏の間は姿を見せなかったモズが、里山に戻ってきました。

(1) モズ子(メス)さんが近くの枝にやってきました。
PA071740.jpg



(2) お口に付いた汚れを落としているのでしょう。
PA071743.jpg



(3) ようやく日の当たるところに出てきました。
PA071746.jpg

別の場所で、モズの高鳴きを聴きました。
気温も下がり、秋の気配が濃くなってきました。



(4) 以下は、今が盛りの赤トンボ。枯草にとまっていました。
PA071749.jpg



(5) こちらの草は?
PA071752.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
モズ(百舌)
今日は、シベリアアオジさんのいるフィールドでよく出会ったモズくんに登場願いました。

(1)近くのススキに隠れていました。
P1070564.jpg



(2)その後、こっちの樹に移動、この姿はどうもアリスイさんに似ているように思えます。
P1070552.jpg



(3)そして、こちらは別のモズくん、何かの虫を咥えて枝にとまりました。 虫はハチのように見えますが分かりません。
P1070663.jpg



(4)すぐには食べずしばらく枝を動きません、時に上を見上げたりしていました。
P1070666.jpg

冬鳥の飛来が例年に比べ少ない中、モズくんはあちこちでよく見かけます。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.