FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
今季初見のジョウビタキ
今週初め近くの公園でジョウビタキ♀に出会いました。今季初出会いです。

(1) 水場に降りてきたジョビ子さん。
P1370502.jpg



(2) 次は近くの枝へ。 ちょっと警戒してますね。
P1370506.jpg



(3) 別の枝に移ったと思ったら、「美しさが一層映えるように撮ってね。」とお願いされました。
P1370508.jpg



(4) 見返り美人風ですが、ちょっと背景が煩いですね。
P1370511.jpg



(5) 「見上げられるポーズもなかなかいいでしょう。」
P1370520.jpg

ジョウビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の冬鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



旧川本町白鳥飛来地にて
昨日の続きで、旧川本町白鳥飛来地で出会ったホオジロガモ以外の鳥さんを紹介します。

(1) 駐車場近くの原っぱでジョウビ子さん、春の光を浴びています。
P1290913.jpg



(2) 何だか険しい顔つきになりました。
P1290915.jpg



(3) そして、近くのロウバイの木に移り、飛んで行きました。
P1290918.jpg



(4) ロウバイの花が見頃でした。
P2180684.jpg



(5) 川原ではハクセキレイが尾羽を上下させながら食べ物を探していました。
P1290852.jpg



(6) キセキレイも近くにいたのですが、警戒心が強くて飛ばれてしまいました。
P1290873.jpg



(7) カワラヒワのカップルが水を飲みに来ていました。
P1290877.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ジョウビタキのお食事光景
今日は、ジョウビタキのお食事光景の紹介です。

(1) 水が枯れた小川でジョビ子さん(メスのジョウビタキ)が何かを口にしました。
P1280735.jpg



(2) 何かを飲み込もうと一生懸命。 口にしたものは分かりません(ノд`)。
P1280736.jpg



(3) お腹が一杯になったのか、まん丸に膨らんで休憩。
P1280744.jpg



(4) 最後に、見返り美人。 今季もジョウビタキは、メスさんに出会う回数が多いです。
P1280747.jpg



(5) 近くには、イケメンのモズくん。
P1280726.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
今年初見のジョウビタキ
今日は、今年初見・初撮りのジョウビタキの登場です。

(1) まずは、日陰でまんまるく膨らんだオスのジョウビタキ。
P1270876.jpg



(2) スポットライトが当たる場所にお出ましの千両役者^^。
P1270879.jpg



(3) 時には地上に降りて食べ物探し。
P1270890.jpg



(4) 最後に、背景が美しく輝く場所でお別れ。
P1270897.jpg



(5) 一方、こちらはメスさん、見返り美人風のポーズ。
P1270943.jpg



(6) 「私をモデルにしてくれているの? だったら美しく撮った写真を見せて欲しいな~。」
P1270945.jpg

メスさんに気に入ってもらえる写真を撮るよう頑張ります。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ジョウビタキ(尉鶲、常鶲)
最近、体調不良で鳥見が出来ません。
そこで在庫画像から選んだものをアップします。
今日は、ジョウビタキのオスとメス。

(1) 丸々膨れたジョビ男くん、白い紋がきれいです。
P1112569.jpg



(2) 「ほめて頂きありがとう。」 カメラ目線で応えてくれました。
P1112570.jpg



(3) 新緑のよう鮮やかな草をバックにして、ポーズ。
P1112566.jpg



(4) こちらは、ジョビ子さん、見返り美人風のポーズ。
P1112551.jpg



(5) この仔も同様です。ジョビ子さんはこのポーズがお好きのようです^^。
P1112553.jpg



(6) 「えーと、そんなことありませんよ、正面ポーズも魅力的でしょう。」
P1112564.jpg
(2010年1月11日、北本自然観察公園にて)

ジョウビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『チベットから中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期は日本、中国南部、インドシナ半島北部への渡りをおこない越冬する。
日本では冬鳥として全国に渡来する。韓国では留鳥。』

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.