ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
キセキレイ(黄鶺鴒)&チョウゲンボウ(長元坊)
今日は、昨日のコクマルガラスを見た付近で出会った鳥さんを紹介します。

(1) キセキレイが用水路で採餌中でした。
PB103624.jpg



(2) 鮮やかな黄色のお尻を上下しながら歩いていました。 別名「石たたき」というそうです。
PB103619.jpg
キセキレイ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいセキレイ科の漂鳥。




(3) かなり遠くですが、田んぼ近くの電線にチョウゲンボウがとまっていました。
PB103637.jpg



(4) 急に下に降りることがありましたが、狩りの瞬間は見られませんでした。
PB103639.jpg
チョウゲンボウ:全長35cm、キジバトより少し大きい留鳥又は漂鳥。


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
チョウゲンボウ(長元坊)
今日は、埼玉県を流れる荒川付近で出会ったチョウゲンボウさんに登場願いました。

(1)青空を気持ちよさそうに飛翔するチョウゲンボウさん。
P3063952.jpg



(2)かなり距離があったので、顔が鮮明さを欠き、恐縮です。
P3063950.jpg



(3)枝にとまっていましたが、これも遠かったです。
P3063953.jpg
山岸哲著「けさの鳥」には、チョウゲンボウについて次のように解説されています。
『ハヤブサの仲間。集団繁殖する猛禽類は珍しい。
長野県中野市の十三崖は集団繁殖地として1953年に国の天然記念物に指定されたが近年その数が減っている。
それに代わり、ビルや鉄橋での繁殖が増えている。
飛びながら空中にひらひら停止し、急降下して野ネズミや小鳥を捕食する。
全長は雄三十三センチ、雌三十八センチほど。』


(4)ここは寄居駅に近い荒川、遠くに見える鉄橋は東上線の線路です。
P3062197.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
チョウゲンボウ(長元坊)
狭山湖の道を挟んだ反対側は、グラウンドなどがあり、防護ネットの柱にチョウゲンボウさんが来ていました。

(1)獲物を左足で押さえています。 獲物は何か分かりませんが、かぶりついていました。
PC059105.jpg



(2)その後、もう少し近くの柱にとまりましたが獲物はなしでした。
PC059129.jpg
チョウゲンボウ:全長35cm、キジバトより大きい留鳥又は冬鳥。



(3)休憩場所には人から餌をもらうため待機しているスズメさんが結構な数いました。
PC059204.jpg




(4)狭山湖から東京スカイツリーまで40キロくらいあると思いますが、よく見えました。
PC059183.jpg



(5)この日は紅葉も見ごろでした。
PC052056.jpg



(6)狭山湖のシンボル、第一取水塔です。
PC052064.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
チョウゲンボウ(長元坊)
今日は、チョウゲンボウ(長元坊)さんに出演願いました。

(1)ベニマシコさんがいた場所の近く、田んぼ脇の電線にチョウゲンボウさんが留まっていました。
PB301446.jpg
こちらを見ているので、忍び足で近づきます。でも鳥さんは目がいいからきっと見られていますね。


(2)下を見たり…。
PB301476.jpg



(3)遠くを見たり…。
PB301478.jpg



(4)よく見えるように大きくトリミングしました。大きな目で獲物を探すんですね。
PB301466.jpg



(5)この後、田んぼに降りたので獲物がいたかと思ったら、空振りのようです。
PB301444.jpg



(6)ホバリングして獲物を狙っている様子、これは上の個体とは異なり庫出ししたものです。
K3066234b.jpg

チョウゲンボウ:全長35㎝、キジバトより少し大きいハヤブサ科に分類される。
猛禽類に一種だけど、ハヤブサ科の鳥さんはタカ科の鳥さんより小さいです。
Wikiには以下のように解説されています。
『ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する。寒冷地で繁殖した個体は、冬季に南方へ渡り越冬する。
日本では、夏季に本州の北部から中部で繁殖する。北海道や四国、九州でも夏季に観察されたことがあり、繁殖している可能性もある。冬季は繁殖地に残る個体と暖地に移動する個体に分かれる。また、日本全国各地に冬鳥として渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
くやしい
今日は、小鳥さんではなくて猛禽類、ハヤブサ科に属するチョウゲンボウ(長元坊)。

(1)「あっ、獲物を見つけたわよ~。」
P1105661.jpg
このチョウゲンボウ、頭が青灰色ではないのでメスと思われます。




(2)「狙いを定めて一気に飛ぶ込むわよ~。」
P1105663.jpg





(3)「飛び込むつもりだったのだけど、獲物が急に見えなくなってしまったわ。 くやしい~(;_;)」
P1105668.jpg






(4)「何がいけなかったのか、よ~く反省しなくちゃいけないわね。」
P1105674.jpg






(5)「でも過ぎたことをくよくよしても仕方ないわ。今度はしっかりやるわよ~。」
P1105680.jpg

荒川の土手を歩いていたら、ホバリングを始めたので、獲物を狙って飛び込むかと思ったら、取り止めて近くの電柱でお休みしてしまいました。

狩りの達人でも手違いがあるんでしょうね(^_^;

でも、チョウゲンボウ(長元坊)とは、坊さんの名前みたいで変な感じがしますね。

名前の由来を調べてみましたが、はっきり分かりません(;_;)
 トンボを意味する「ざんげんぼう」という北関東方言を元に、「鳥ザンゲンボウ」の省略形ではとの推測あるそうですが、このほかにも諸説あり、複雑なようです。

なお、このチョウゲンボウ、逆光気味の場面が多く、鮮明さに欠けて恐縮です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.