ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
カワセミ(翡翠)
カワセミが魚を捕獲し飲み込むシーンに遭遇しました。

(1) 直下の川面を見つめるカワセミくん。
P1050499.jpg



(2) あっという間に飛び込み、魚をゲット。
P1050511.jpg



(3) ゲットした後、飲み込む様子を動画で撮りました。


カワセミ:全長17cm、ホオジロと同大の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパおよびアフリカ北部からインド、東南アジアにかけて分布し、広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれている。
暖かい地方では定住するが、高緯度地方のものは冬には暖かい地域に移動する。
日本では亜種カワセミ A. a. bengalensis (Gmelin, 1788) が生息し、北海道で夏鳥だが、ほかの地域では留鳥として1年中見ることができる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
カワセミ(翡翠)
武蔵森林公園では、カワセミにも出会いました。

(1) 池の上の枝に飛んできました。 この時、羽の色は緑色っぽく見えました。
P1030828.jpg



(2) 下クチバシが少し赤いので女の子のようです。 こちらに気が付いていますが飛んでいきません。
P1030847.jpg



(3) 背中も写るように位置を変えました。 すると先程緑に見えていた羽色が青に変わって見えました。
P1030858.jpg
カワセミの羽色は、色素による発色ではなく、羽の構造による発色なので光線の具合により見え方が変わります。
構造色については、ここをクリックしてみてください。



(4) このカワセミ嬢、お人形の傍でした。 このまま動かなかったので、早々に立ち去りました。
P1030863.jpg
田舎のカワセミは警戒心が強いのですが、このカワセミ嬢は例外のようでした。

カワセミ:全長17cm、スズメより大きいカワセミ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワセミ(翡翠)
今日は、浮間公園で出会たカワセミを中心に紹介したいと思います。

(1) 公園の駅に近いところの看板の上でもカワセミに出会いました。 
PB284024.jpg



(2) 驚かせないようゆっくり近づきます。 都会のカワセミくんだけあって動じません。
PB284031.jpg



(3) その後、もっと近い石の上にとまりました。 魚取りを期待したのですが、何もせず飛び立っていきました。
PB284036.jpg



(4) また、スズメがとても近い手すりにとまったのですが、人馴れしているようです。 つぶらな瞳とふっくらした姿が可愛いです。
PB284054.jpg



(5) 更に、浮間公園にはユリカモメが沢山飛来しており、餌やり場面では競って集まってきます。
PB284070.jpg

これで浮間公園での鳥見の紹介は終わります。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワセミ(翡翠)
今日は、最近出会う機会が増えたカワセミくんの登場です。

(1) 川の中央部で魚を待つカワセミくん。
P9251267.jpg



(2) 突然の飛び出し、もうちょっときれいに撮りたかった。
P9251269a.jpg



(3) 私にとってカワセミの飛翔は難関。
P9251270.jpg



(4) もっと遠くへ行ってしまいました。
P9251290.jpg



(5) 川の上空には十数羽のアオサギが旋回していました。 十数羽のアオサギの群れが飛翔しているのは初見です。
P9251259.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
二羽のカワセミ
9月に入って地元の川でカワセミに出会う頻度が高くなってきました。
しかし、川の流れの上を高速度で飛翔していることが多く撮れる機会は少ないです。

(1) 運よく土手近くのワラの上にいるカワセミくん(オス)が目に入りました。
P9120757.jpg



(2) 横顔が拝める位置に移動
P9120771.jpg



(3) カワセミくん、位置を変えましたが飛んでいくわけではありませんでした。
P9120779.jpg



(4) また移動
P9120789.jpg



(5) そして次は川面近くの枝に移動、上にもう一羽いるのが見えます。
P9120800.jpg



(6) この二羽のカワセミくん、いずれもオスで、この状態のまましばらく動きませんでした。 
P9120819.jpg

これまでこの川で出会うカワセミは、いずれも警戒心が強くすぐに飛んで行ってしまいました。
しかし、今回は二羽いて、すぐに飛んでいこうともせずしばらく遊び相手をしてくれました。
この二羽のカワセミがどういう関係なのでしょうか、興味ありますが分かりません。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリック頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.