ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
ハス池にて(下)
昨日の蓮池の続きです。

(1) ハスの蕾にとまったのはシオカラトンボ。
P1120474.jpg



(2) 交尾中のものもいました。
P1120466.jpg



(3) こちらは蕾にとまったお腹が白いコシアキトンボ。
P1120471.jpg



(4) カワセミ、ハスの近くに行くのですが花にはとまりません。
P1120491.jpg



(5) 「生憎とご期待に沿えずごめん。」とでもつぶやいているようです(笑)。
P1120496.jpg



(6) 最後にもう一度ハスの花をご覧ください。
P1120447.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ハス池にて(上)
ハスの花の時季になりました。
先日、カワセミが来るというハス池に行ってみました。

(1)  午後に行ったのでハスの花はいまいち元気がないようです。
P1120458.jpg



(2) 花にとまるカワセミを期待しましたが、そうは問屋は降ろしませんね。 出てきてくれたことを感謝です。
P1120452.jpg



(3) 池を見つめていましたが、結局何も捕らず飛んで行きました。
P1120453.jpg



(4) 二つの花がよい感じで咲いていました。
P1120479.jpg



(5) しばらく経ってから別個体がやって来ました。
P1120482.jpg



(6) 身をすくめるようなポーズをとっていましたが、これは何の意味を持つのでしょうか?
P1120488.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワセミ(翡翠)
今日は、久しぶりにカワセミの登場です。

(1) 最初に見たのは、飛び込んで獲物を咥えた後ろ姿。
P1090144.jpg



(2) 少しするとこちらを向いてくれましたが、獲物を飲み込もうとはしません。
P1090148.jpg



(3) 上を見たかと思ったら…。
P1090153.jpg



(4) あっという間の飛び出し、ヒナが待っているところへ運んで行ったのかも知れませんね。
P1090155.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワセミ(翡翠)
カワセミが魚を捕獲し飲み込むシーンに遭遇しました。

(1) 直下の川面を見つめるカワセミくん。
P1050499.jpg



(2) あっという間に飛び込み、魚をゲット。
P1050511.jpg



(3) ゲットした後、飲み込む様子を動画で撮りました。


カワセミ:全長17cm、ホオジロと同大の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパおよびアフリカ北部からインド、東南アジアにかけて分布し、広い分布域の中でいくつかの亜種に分かれている。
暖かい地方では定住するが、高緯度地方のものは冬には暖かい地域に移動する。
日本では亜種カワセミ A. a. bengalensis (Gmelin, 1788) が生息し、北海道で夏鳥だが、ほかの地域では留鳥として1年中見ることができる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワセミ(翡翠)
武蔵森林公園では、カワセミにも出会いました。

(1) 池の上の枝に飛んできました。 この時、羽の色は緑色っぽく見えました。
P1030828.jpg



(2) 下クチバシが少し赤いので女の子のようです。 こちらに気が付いていますが飛んでいきません。
P1030847.jpg



(3) 背中も写るように位置を変えました。 すると先程緑に見えていた羽色が青に変わって見えました。
P1030858.jpg
カワセミの羽色は、色素による発色ではなく、羽の構造による発色なので光線の具合により見え方が変わります。
構造色については、ここをクリックしてみてください。



(4) このカワセミ嬢、お人形の傍でした。 このまま動かなかったので、早々に立ち去りました。
P1030863.jpg
田舎のカワセミは警戒心が強いのですが、このカワセミ嬢は例外のようでした。

カワセミ:全長17cm、スズメより大きいカワセミ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.