ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
イソシギ(磯鷸)
地元では、クサシギによく出会いますが、イソシギには出会えません。
今月初めに、伊佐沼の様子を探りに行ったら、数羽のイソシギに出会いましたが、其々単独行動で群れていませんでした。

(1) 水鏡に映った自分の姿に陶酔?
PC034468.jpg



(2) こんな窪みに入って獲物がいたのかな、正面顔です。
PC034506.jpg



(3) アオアシシギなど他のシギは、目が見ずにはいる位深くクチバシを突っ込んで餌を探しますが、イソシギはほんの僅かです。
PC034519.jpg



(4) それでもこんな干潟ではクチバシが泥だらけになります。
PC034520.jpg



(5) イカルチドリとのツーショット。 イカルチドリの全長はイソシギより1cm長い21cm。
PC034514.jpg

イソシギ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいシギ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『夏季にユーラシア大陸の温帯域、亜寒帯域で繁殖し、冬季(北半球の)はアフリカ大陸やオーストラリア大陸、ユーラシア大陸南部などへ南下し越冬する。
日本では九州以北に周年生息する留鳥であるが、本州中部地方以北では冬季になると越冬のため南下する夏鳥である。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
伊佐沼にて(2)
昨日の続きの伊佐沼です。

(1)伊佐沼脇を流れる川の両岸には、満開の桜。
P4055007.jpg



(2)伊佐沼の岸近くをちょこちょこと急ぎ足で歩くイソシギさん。
P4055001.jpg



(3)伊佐沼では、あちらこちらでイソシギさんに出会いました。この個体は尾羽近くに白い羽が見えます。子供でしょうか。
P4055025.jpg



(4)ムクドリさん、何か食べ物を咥えています。
P4055017.jpg



(5)伊佐沼の東側には、菜の花が絨毯のように咲いていました。
P4055032.jpg

この日伊佐沼で見た鳥:ユリカモメ、イソシギ、ムクドリ、ツバメ、スズメ、カワウ、コガモ、ヒドリガモ、コサギ、ダイサギ、カイツブリ等。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
イソシギ(磯鷸)
今日は、埼玉県川越市も伊佐沼で出会ったイソシギさんの登場です。

(1)伊佐沼の干潟を食べ物を探し急ぎ足で歩くイソシギさん。
P3043905.jpg



(2)こちらは別のイソシギさん、干潟に足跡が見えます。
P3043872.jpg



(3)こちらはもっとぬかるんでいて、足跡がさらに沢山出来ていました。
P3043902.jpg
イソシギ:全長20cm、クサシギより少し小さいシギ科の留鳥。
      シギというとハマシギのような群れを連想しますが、イソシギは全く群れず冬季は単独でいるようです。



(4)このところの寒さで開花がとまっているハクレン。
P3112210.jpg

今日は、雨模様の寒い一日でした。
明日からは暖かさが戻るようですので一安心です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
イソシギ(磯鷸)など
この日、伊佐沼には既に紹介したオジロトウネン、ハマシギの他にイソシギ、アオアシシギなどもいましたので紹介します。

(1)係留された釣り船にやってきたイソシギさん、興味津々のように見えます。
PB077333.jpg
クサシギとよく似ていますが、識別ポイントは肩に白い食い込みがあるのがイソシギです。


(2)隣の船に乗り移ります。
PB077335.jpg



(3)更に船から地上へと飛び移りました。
PB077342.jpg
イソシギ:全長20cm、ハマシギやクサシギより少し小さい留鳥又は漂鳥。
シギの大部分は旅鳥ですが、イソシギは、磯ではなく内陸部の河川や沼などでよく見られます。


(4)かなり遠くの中洲にはお昼寝中のアオアシシギさん数羽と、右はセグロカモメさんだと思います。
PB077443.jpg



(5)お昼寝から目覚めたアオアシシギさん、羽を広げて伸び伸びしています。
PB077463.jpg



(6)左下にハマシギさん、右にコサギさん、大きさの違いが歴然としています。
PB077480.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
イソシギ(磯鷸)
今日は、シギ科の中でも渡りをしないイソシギさんに登場願いました。

(1)お尻を上下に動かしながら歩いています。 
P8154349.jpg
お尻を上下する仕草がなかなか可愛いと思います。



(2)名前からすると磯にいるシギですが、むしろ内陸の川原でよく見かけます。
P8154351.jpg



(3)クサシギと似ていますが、肩に白い切れ込みが入るのはイソシギの特徴で他のシギチでは見られません。
P8154353.jpg

イソシギ:全長20cm、クサシギより少し小さいシギ科の留鳥又は漂鳥。

早いもので八月も今日が最終日、明日は9月1日、防災の日です。
最後までご覧頂きありがとうございます。


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.