FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
エナガ(柄長)
今日は、最近よく出会うエナガの登場です。

(1) シジュウカラなどと混群を作って移動中のところ。
P1370487.jpg



(2) ほんの少し立ち止まってくれたので撮れました。
P1370493.jpg



(3) エナガは、小さくて可愛らしいので、きれいに撮りたいです。
   しかし、とても動きが激しく予測不能なので撮影は難しく、捨て去る画像が多いです。
P1370713.jpg



(4) これはましな方です。
P1370723.jpg



(5) 珍しく鳴いているところが撮れました。
P1370727.jpg

エナガ:全長14cm、スズメと同じ長さですが、尾羽が長く身体はずっと小さいエナガ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



エナガ(柄長)
エナガは、私にとって出会うと撮らずにはいられない鳥です。

(1) 数羽の群れで元気よく飛び回っています。
P3050954.jpg



(2) ちょっとピンボケ、動きが早くてなかなか思うように撮れません。
P3050946.jpg



(3) 背中の羽模様が美しいです。
P3050951.jpg



(4) 飛び立つ瞬間、偶然です。
P3050953.jpg



(5) こんな表情を見るとメロメロです。
P3050955.jpg
(2009年3月5日、秩父大野原にて)
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
エナガ(柄長)
今日は、人気の高いエナガの登場です。

(1) 林に中を飛び交うエナガの群れ、でも撮れるのは一羽だけです。
P1170288.jpg



(2) エナガのお得意ポーズ。
P1170292.jpg



(3) エナガという名前は、長い尾(全長14 cmに対して尾の長さが7-8 cm)を柄の長い柄杓に例えたこと由来するとWikiに記載されています。
P2070484.jpg



(4) せわしなく飛び交っているので、なかなか撮影が大変です。
P2070488.jpg



(5) 上とは別の場所で、エナガとメジロの混群。
IMGP1450a.jpg
(2009年1月17日石神井公園など)

エナガ:全長14cm、スズメと同大だが尾が長く、身体は遥かに小さいエナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
エナガ(柄長)
3月18日のNHK番組「ダーウインが来た」では「匠(たくみ)の技で生きる!里山のもふもふ鳥エナガ」が放映されました。
概要は、ここをクリックしてください。
そこで、久しぶり地元でにエナガに出会ったので紹介したいと思います。

(1) 新しい葉が出たノイバラでしょうか、エナガが食べ物を探していました。
P1230515.jpg



(2) 「ちょっと、そこのエナガさん、何しているの?」
P1230516.jpg



(3) 「ボクのことですか? 今美味しいものがないか探しているところですよ。」
P1230517.jpg



(4) 「あっ、これ何だろう?」
P1230518.jpg



(5) 「あ~、単に枯れ枝だったよ、残念。」
P1230519.jpg

もう巣作りが始まっているかも知れません。
エナガ:全長14cm、体重7g、長さはスズメくらいだが、尾羽が長く身体は小さい。
     エナガ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
エナガ(柄長)
冬鳥の飛来を期待しているのですが、近場では思ったようには増えていません。
そこで今日は、エナガの登場です。

(1) 正面顔、怒ったように見えるところが愛らしいと思います。
P1170127.jpg



(2) この時は、20羽位の群れ、群れで撮りたかったのですが入ったのは二羽のみでした。
P1170105.jpg



(3) ジャンプ!!
P1170106.jpg



(4) 黄色い葉を背景に、晩秋の感じ。
P1170130.jpg



(5) 珍しく上面の羽模様が見えました。 シックな感じがよいと思います。
P1170140.jpg



(6) いつもは忙しく動き回っていますが、珍しく羽繕いのためとまってくれました。
P1170151.jpg

エナガ:全長14cm、スズメと同じだが、尾が長いため身体はずっと小さい。エナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.