ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
エナガ(柄長)
冬鳥の飛来を期待しているのですが、近場では思ったようには増えていません。
そこで今日は、エナガの登場です。

(1) 正面顔、怒ったように見えるところが愛らしいと思います。
P1170127.jpg



(2) この時は、20羽位の群れ、群れで撮りたかったのですが入ったのは二羽のみでした。
P1170105.jpg



(3) ジャンプ!!
P1170106.jpg



(4) 黄色い葉を背景に、晩秋の感じ。
P1170130.jpg



(5) 珍しく上面の羽模様が見えました。 シックな感じがよいと思います。
P1170140.jpg



(6) いつもは忙しく動き回っていますが、珍しく羽繕いのためとまってくれました。
P1170151.jpg

エナガ:全長14cm、スズメと同じだが、尾が長いため身体はずっと小さい。エナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
エナガ(柄長)
今日は、久々にエナガの登場です。

(1) シジュウカラ、コゲラと一緒に混群で移動しているエナガ、逆立ちポーズ。
P1160295.jpg



(2) こんな姿勢がとれるのは足の把持力が強いんでしょう。
P1160297.jpg



(3) いつも忙しく動き回っているエナガですが、一服して羽を伸ばすこともあるんですね。
P1160289.jpg



(4) 仕草や形が愛くるしい小鳥ですね。
P1160290.jpg



(5) 混群を形成していたシジュウカラ、お顔が見えません(ノд`)。
P1160274.jpg

エナガ:全長14cmとスズメと同じだが、尾が長いため身体はずっと小さい。エナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

なお、北海道にはシマエナガという亜種が生息しています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
さくらにエナガ(柄長)
花の終わった桜の木にエナガの群れが来ていました。

(1) 何かを咥えています。
P1100065.jpg



(2) 花の根元をクチバシで食いちぎっているのでしょうか、 それとも小さな虫?
P1100067.jpg



(3) 目的の食べ物を咥えられたようです。
P1100068.jpg



(4) こちらでもやっています。 はっきりとは分かりませんが、小さな虫のようにも見えます。 
P1100075.jpg

エナガ:全長14cm、スズメと同大だが尾羽が長く身体はスズメより大分小さい。エナガ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
エナガとこぶしの花
今日は、曇り空の下、こぶしの花に飛来したエナガの登場です。

(1) 散りかけたコブシに飛来したエナガ、相変わらず忙しく動き回っていました。
P1090174b.jpg



(2) 顔が見えないのが残念、尾羽が曲がっているのは抱卵中?
P1090167b.jpg



(3) はしご乗りの曲芸より難しい動きをしていますね。
P1090178b.jpg



(4) 「先を急いでいるので失礼します!!」と飛んで行ってしまいました(笑)。
P1090164b.jpg



(5) 紅紫色が鮮やかで美しいミツバツツジ。
P1000303.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
エナガ(柄長)
今日は、寒さ厳しい中を元気に飛び待っているエナガの登場です。

(1) 何か見つけたようです。
P1030170a.jpg



(2) 次の瞬間には小さな虫を咥えていました。 あっという間の食事です。
P1030171a.jpg



(3) 今にもトビだちそうな仕草が可愛いです。
P1030162a.jpg



(4) そしてこちらはぬいぐるみのようにふんわりした姿です。
P1030182a.jpg
(智光山公園にて)

エナガ:全長14cm、スズメと同大ですが、尾羽が長く、体自体はとても小さいエナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域は、Wikiによると次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.