FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
エナガ
林道でエナガの群れに出会いました。

(1) 最初は懸垂スタイル、ごちゃごちゃして見難いですが。
k20210220 (1)



(2) それではとスッキリした場所でもう一度懸垂スタイル、これが好きなんでしょうか。
k20210220 (2)



(3) 飛び出ちスタイル
k20210220 (3)



(4) ピン甘ですが飛翔スタイル
k20210220 (4)



(5) 白いのは虫の卵でしょうか、突っついていました。
k20210220 (5)



(6) 「それでは失礼します。」と足早に飛んで行きました。
k20210220 (6)

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



エナガ&カワラヒワ
今日は、河川敷で出会ったエナガとカワラヒワの登場です。

(1) エナガが群れで来てくれたので、何とか撮影しようとしましたが相変わらず手強いです。 留まっても一瞬。
k20210204 (5)



(2) 二羽並びましたが、お尻から失礼です(^^;。
k20210204 (4)



(3) 近すぎて尾羽が画面からはみ出てしまいました。
k20210204 (3)



(4) 「バイバイ!」と飛んで行きました。
k20210204 (6)
エナガ:全長14cm、スズメとほぼ同大ですが尾羽が長くて体は小さいエナガ科の留鳥又は漂鳥。



(5) エナガの近くにはカワラヒワが現れました。
k20210204 (2)



(6) 目先が黒く、かなり色黒で、オスくんだと思います。
k20210204 (1)
カワラヒワ:全長15cm、スズメとほぼ同大のアトリ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
エナガ(柄長)
曇り空の日、林でエナガの群れに遭遇しました。

(1) 10羽くらいの群れ、ドンドン動き回るので、下手な鉄砲で数を稼ぎます。背景が林ならいいのですが。
PA188561.jpg



(2) 2羽が近くにいたのですが、空抜けで色が出ません。
PA188571.jpg



(3) 丸々と膨らんだ体形が可愛いです。
PA188566.jpg



(4) ほぼ真下からの撮影でお腹ばかりが写りました。
PA188575.jpg



(5) 群れに中にヤマガラが混じっていました。 ピンボケで失礼(^^;。
PA188563.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
エナガとシジュウカラの混群
土手を歩いていると、近くの林に小鳥の群れが飛来しました。

(1) まず目に入ったのは、エナガ。 枝に留まるのはほんの一瞬、あっという間に移動してしまいます。
PA057860.jpg



(2) 上とは別個体、幼い感じがします。
PA057861.jpg



(3) エナガは二十羽はいたと思います。 沢山いるとどれを撮るか迷ってしまい、飛ばれてしまいます(^^;)。
PA057870.jpg



(4) 一羽が虫を捕まえました。 葉被りが残念。
PA057871.jpg



(5) シジュウカラが少数混じっていました。
PA057873.jpg

涼しくなってくるに従い徐々に小鳥たちが姿を見せてくれるようになりました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
エナガの幼鳥
河川敷の林でエナガ親子の群れに出会いました。

(1) 幼鳥が数羽いたと思いますが、ばらばらに移動中、この仔が虫を咥えて枝とまりしました。
P5253508.jpg



(2) 咥えている虫を食べられず苦心している様子、虫はナナフシのように見えますがはっきりとは分かりません。
P5253512.jpg



(3) 一瞬離して咥え直し、そのまま飛んで行きました。
P5253514.jpg



(4) 別の幼鳥、お尻の方から失礼します。
P5253515.jpg



(5) 幼鳥は一杯飲んだように目の辺りが赤っぽく見えます。
P5253519.jpg



(6) 虫を探しているのでしょうか。 尾の長さが際立って長いです。
P5253504.jpg

エナガ:全長14cmですが尾の長さが半分くらいあるので、体はとても小さいです。エナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域につてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.