ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
さくらにエナガ(柄長)
花の終わった桜の木にエナガの群れが来ていました。

(1) 何かを咥えています。
P1100065.jpg



(2) 花の根元をクチバシで食いちぎっているのでしょうか、 それとも小さな虫?
P1100067.jpg



(3) 目的の食べ物を咥えられたようです。
P1100068.jpg



(4) こちらでもやっています。 はっきりとは分かりませんが、小さな虫のようにも見えます。 
P1100075.jpg

エナガ:全長14cm、スズメと同大だが尾羽が長く身体はスズメより大分小さい。エナガ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
エナガとこぶしの花
今日は、曇り空の下、こぶしの花に飛来したエナガの登場です。

(1) 散りかけたコブシに飛来したエナガ、相変わらず忙しく動き回っていました。
P1090174b.jpg



(2) 顔が見えないのが残念、尾羽が曲がっているのは抱卵中?
P1090167b.jpg



(3) はしご乗りの曲芸より難しい動きをしていますね。
P1090178b.jpg



(4) 「先を急いでいるので失礼します!!」と飛んで行ってしまいました(笑)。
P1090164b.jpg



(5) 紅紫色が鮮やかで美しいミツバツツジ。
P1000303.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
エナガ(柄長)
今日は、寒さ厳しい中を元気に飛び待っているエナガの登場です。

(1) 何か見つけたようです。
P1030170a.jpg



(2) 次の瞬間には小さな虫を咥えていました。 あっという間の食事です。
P1030171a.jpg



(3) 今にもトビだちそうな仕草が可愛いです。
P1030162a.jpg



(4) そしてこちらはぬいぐるみのようにふんわりした姿です。
P1030182a.jpg
(智光山公園にて)

エナガ:全長14cm、スズメと同大ですが、尾羽が長く、体自体はとても小さいエナガ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域は、Wikiによると次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する。
日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
エナガ(柄長)
今日は、冬鳥は一休みして、最近よく出会うエナガの登場です。

(1) 雲一つ見えない快晴、枯れ木の天辺をエナガが行ったり来たり。
PB013268a.jpg



(2) 虫がいたのかここでしばらく突っついていました。
PB013278.jpg



(3) 上とは別の日、エナガにしては珍しくゆっくり羽繕いしているところに出会いました。
PB053349.jpg



(4) 胸に羽繕いした跡が残っている愛らしい姿です。
PB053337.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
エナガ(柄長)
戸隠シリーズに戻り、8回目の今日はエナガ(柄長)の登場です。

(1) エナガは身近でも見られますが、戸隠でも繁殖しています。
PA222512.jpg



(2) 数羽の群れが行き交っていました。
PA222520.jpg



(3) 紅葉の中でエナガの仕草が可愛いです。
PA222525.jpg



(4) 全長14cm、スズメと同じ長さですが、尾羽が体の半分の長さがあり、体はずっと小さいです。
PA222527.jpg



(5) 飛び出しの一瞬。
PA222521.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.