ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
オオタカ(大鷹)
今日は、久しぶりにオオタカの登場です。

(1) 鬱蒼とした森の中、オオタカの若メスさんが暫らくの間枝止まりしていました。
P1090800.jpg
ずっと観察していた方によると、少し前にオスくんと交尾したとのこと。



(2) 正面顔、成鳥は喉から胸、お腹にかけて細かい横班があるが、幼鳥はこのように褐色の縦班。
P1090812.jpg



(3) リラックスしていたようで羽繕い。 
P1090818.jpg



(4) 痒いのか片足で顔を搔き搔き。
P1090846.jpg



(5) 大事な羽のお手入れをしているのでしょう。
P1100014.jpg

オオタカ:全長オスが50cm、メスが56cm、ほぼカラスと同大のタカ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『北アフリカからユーラシア大陸、北アメリカ大陸にかけて分布する。日本列島では南西・南方諸島を除く全域に分布する。
日本においては留鳥として周年生息するオオタカもあるが、一部のオオタカは、越冬のため南下を行う(鷹の渡り)。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ジョウビタキ&オオタカ
今日も昨日同様コクマルガラスがいた付近で出会った鳥を紹介します。

(1) ジョビコちゃん、柵の鉄線にとまり、見返り美人スタイルを披露してくれました。
PB103630.jpg



(2) 向き直ってくれましたが、何だかご機嫌斜めのような顔です。
PB103631.jpg
ジョウビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の冬鳥。



(3) 木の高いところに猛禽の一種オオタカがいました。
PB103651.jpg



(4) こちらを向いてくれましたが、胸の羽が乱れています。 水浴びでもしたのかも知れません。
PB103647a.jpg
オオタカ:全長オス50cm、メス56cm、オスはハシボソガラス、メスはハシブトガラスと同大のタカ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
荒川にて
昨日の続きで、寄居駅近くの荒川及び周辺で出会った鳥さんを紹介したいと思います。

(1)まずはオオタカさん、上空をゆったり飛行していました。
P3063959a.jpg
オオタカ:全長オス50cm、メス56cm、ハシブトガラス程度の大きさの留鳥又は漂鳥。


(2)荒川沿いの枝には三羽のイカルさんがしばらくとまっていました。
P3063969.jpg



(3)また、枯葉が積もった人家の庭ではイカルさんの群れが草木の実をついばんでいました。
P3063981.jpg



(4)イカルさんの傍では、アトリさん(オス1羽、メス2羽)もいました。 保護色でよく見えませんね。
P3063987.jpg



(5)荒川では、寒い中をカヌーの練習をしている方々がいました。
P3063988.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
幼鳥
8月の暑い時期、近所ではなかなか鳥さんに出会えません。
そんな中で、今日は、地元及び周辺で出会った今年生まれの幼鳥さんを紹介したいと思います。

(1)お馴染みのハクセキレイの幼鳥さん。
P8084107.jpg



(2)電線に留まっていたこちらは誰でしょうか?
P8084125.jpg



(3)背中が見えないのではっきりしませんが、厚いクチバシからするとアトリ科、川に近いのでカワラヒワの幼鳥さんと思います。
P8084130.jpg



(4)燕尾がまだ短いツバメの幼鳥さん。
P8084127.jpg



(5)そして今日のメインは、オオタカの幼鳥さん。 かなり遠くの枝で辺りを睥睨しています。
P8094199.jpg



(6)幼鳥でも、目力が強いです。 この後、もう少し近づこうとしたら飛ばれてしまいました。
P8094201.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
オオタカ(大鷹)
タカといえばその代表はオオタカ(大鷹)さんです。

(1)川を挟んだ対岸の木にとまりました。
P3084684.jpg
どんよりとした曇り空で、モノトーン調ですが、黄色っぽい虹彩ははっきり分かります。


(2)威風堂々として辺りを見回しています。
P3084691.jpg



(3)喉から下は白く、灰褐色の横縞模様が見えます。飛んでいる時は下面を見ることになるので白っぽく見えます。
P3084698.jpg
しばらくここでじっとしていましたが、そのうち二羽のカラスが来て、ちょっかいを出したので、飛んで行ってしまいました。
オオタカ:全長オス50cm、ハシボソガラスと同大、メス56cm、ハシブトガラスと同大。
生息数は一時減少したがその後の保護活動により増加に転じたそうです。
Wikiには次のように説明されています。
『日本国内では、生息地の大規模開発などによって数が激減し、1984年の調査で約400羽とされ、絶滅の恐れも指摘された。
そのため、1993年に種の保存法が施行されると、オオタカは「希少野生動植物」に指定され、保護対象となった。
結果、数は急速に回復し、2006年にはレッドデータブックから外され、2008年の調査では関東地方とその周辺だけでも生息数は約5800羽が確認された。』


(4)青空の下、梅の花が大分開いて来ました。
P3041039.jpg



(5)蜜を求めて蜂が押し寄せていました。
P3041040.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.