ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
イカルチドリ(桑鳲千鳥)&スズメ(雀)
今日は川原で出会ったイカルチドリとスズメの登場です。

(1) 雑草が生い茂る石ころだらけのところに二羽のイカルチドリ、分かりますか?
P1150241.jpg



(2) そこにセグロセキレイも現れました。
P1150245.jpg



(3) よく見るとここには三羽いました。 石と同化して本当に見つけ難いです。
P1150246.jpg

イカルチドリ:全長21cm、ハクセキレイと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『インド北部、カンボジア、タイ、大韓民国、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル人民共和国、ラオス、ロシア南西部。
夏季に中華人民共和国北部、ウスリー、朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や東南アジアへ南下し越冬する。
日本には亜種イカルチドリが本州、四国、九州で繁殖している。
北日本では、夏季に繁殖のため飛来(夏鳥)し、冬季には温暖な地域に移動する。
南西諸島では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。
その他の地域では、周年生息(留鳥)する。なお、夏季に北海道でも繁殖している可能性がある。』



(4) 近くの草には「アゲハ」がとまりました。背景は川です。
P1150266.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
イカルチドリ(桑鳲千鳥)
今日は、久しぶりに出会ったイカルチドリの登場です。

(1) 川縁で一羽のイカルチドリが休憩中。 石ころと同化し、動かないといるのかどうかわかりません(ノд`)
P1120391.jpg



(2) そこへ左から別の一羽が現れました。
P1120393.jpg



(3) この二羽、カップルなのでしょうか?
P1120395.jpg



(4) 左の個体は採餌をはじめ、一方右の個体はほとんど動かず。
P1120396.jpg

イカルチドリ:全長21cm、ハクセキレイと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『インド北部、カンボジア、タイ、大韓民国、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル人民共和国、ラオス、ロシア南西部。
夏季に中華人民共和国北部、ウスリー、朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や東南アジアへ南下し越冬する。
日本には亜種イカルチドリが本州、四国、九州で繁殖している。北日本では、夏季に繁殖のため飛来(夏鳥)し、冬季には温暖な地域に移動する。
南西諸島では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。その他の地域では、周年生息(留鳥)する。
なお、夏季に北海道でも繁殖している可能性がある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
イカルチドリ(桑鳲千鳥)
今日は、久しぶりにイカルチドリの登場です。

(1) 昨日のタヒバリがいた近くの河原にじっと佇むイカルチドリ。 動かないと河原の石に同化して見つけるのが難しいです。
P1040669.jpg



(2) 水面のキラキラを背景に…。
P1040732.jpg



(3) ツグミとのツーショット。
P1040728.jpg

イカルチドリ:全長21cm、ハクセキレイと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『インド北部、カンボジア、タイ、大韓民国、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル人民共和国、ラオス、ロシア南西部。
夏季に中華人民共和国北部、ウスリー、朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や東南アジアへ南下し越冬する。
日本には亜種イカルチドリが本州、四国、九州で繁殖している。北日本では、夏季に繁殖のため飛来(夏鳥)し、冬季には温暖な地域に移動する。
南西諸島では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。
その他の地域では、周年生息(留鳥)する。なお、夏季に北海道でも繁殖している可能性がある。』



(4) 近くの浅瀬ではクサシギが採餌中、何かを捕えました。
P1040691.jpg


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
イカルチドリ(桑鳲千鳥)
今日は、イソシギに続き伊佐沼で出会ったイカルチドリに登場願いました。

(1) イカルチドリとコチドリが紛らわしいのですが、これはクチバシが太く先端が急に細くなっているのでイカルチドリではないかと思います。
PC034517.jpg




(2) ハマシギとのツーショット、全長は、両者ともに21cm。 
PC034503.jpg



(3) イソシギとのツーショット、イソシギは全長20cm、イカルチドリより少し小さい。夕陽に照らされ赤っぽくなっています。
PC034512.jpg

イカルチドリ:全長21cm、ハクセキレイと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてwIKIには次のように記載されています。
『インド北部、カンボジア、タイ、大韓民国、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、モンゴル人民共和国、ラオス、ロシア南西部
夏季に中華人民共和国北部、ウスリー、朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や東南アジアへ南下し越冬する。
日本には亜種イカルチドリが本州、四国、九州で繁殖している。
北日本では、夏季に繁殖のため飛来(夏鳥)し、冬季には温暖な地域に移動する。
南西諸島では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。その他の地域では、周年生息(留鳥)する。
なお、夏季に北海道でも繁殖している可能性がある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。



イカルチドリ
今日は、川の中州に佇むイカルチドリくんの登場です。

(1) 狭山市を流れる入間川、その中州にイカルチドリが十羽ほどいました。
P9251281.jpg



(2) 左端と右端にいるのが分かりますか? 石と同化し、動いてくれないといるのかどうかも分かりません。
P9251284.jpg



(3) こちらは二羽が寄り添っていたので分かり易かったです。
P9251286.jpg

イカルチドリ: 全長21cm、ハクセキレイと同大の留鳥又は漂鳥。



(4) クサギに鮮やかな紫色の実がなりました。 葉がアーモンド臭ですが、名前程悪い臭いではないと思います。
P9251293.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.