FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
セイタカアワダチソウにベニマシコ(紅猿子)
今日は、セイタカアワダチソウの種子を食べるベニマシコの登場です。

(1) 久し振りにベニマシコ♂に出会いました。 
k20210217 (1)



(2) 沢山付いている種子を啄ばんでいます。
k20210217 (2)



(3) 時に羽のお手入れも…。 お尻の方の羽毛が最も紅く見えます。
k20210217 (3)



(4) 食べているときは静かにモデルになってくれています。
k20210217 (4)



(5) 食べる速度は速そう。
k20210217 (5)



(6) 口一杯に頬張っていますね^^。 北帰するころには紅色が濃くなって美しくなると思います。
k20210217 (6)

ベニマシコ:全長15cm、スズメより僅かに大きいアトリ科の漂鳥。北海道で繁殖し、冬季は南下して越冬。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



ベニマシコ(紅猿子)
ベニマシコ♂の登場です。

(1) ノイバラの実を食べた後て寛ぐベニマシコ♂、羽毛を膨らませてダルマ状態。
PC110605.jpg



(2) 次は別の植物の方へ移動し、早速のお食事。
PC110624.jpg



(3) 小さな実を食べるためこんなに首をひねっています。
PC110625.jpg



(4) ベニマシコもイカルやシメと同様にアトリ科の仲間、クチバシが厚く、草木の実が主食です。
PC110635.jpg



(5) いつも口をもぐもぐさせている食いしん坊だと思います^^。
PC110637.jpg
(撮影は昨年12月中旬)

ベニマシコ:全長15cm、カワラヒワと同大のアトリ科の漂鳥。北海道で繁殖し冬季南下。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
ベニマシコ(紅猿子)
今日は、河川敷の藪で出会ったベニマシコの登場です。

(1) この藪の奥にいるのが分かりますか? 
PC110532.jpg



(2) 藪の中で休憩した後、下を流れる小さな川に降りて水飲みです。ベニマシコのオスくんです。
PC110540.jpg



(3) 普通何羽かの群れでいることが多いのですが、この仔は単独です。
PC110542.jpg



(4) その後、ノイバラの枝にとまりました。
PC110554.jpg



(5) 居心地が良いのか、暫くの間ここを動きません。
PC110555.jpg



(6) 羽毛を膨らませて可愛い姿を披露してくれました。
PC110578.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより僅かに大きいいアトリ科の漂鳥。北海道で繁殖し冬季は暖かい地方に南下。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
赤味が増したベニマシコ
ヒレンジャクがいた河川敷ではベニマシコも現れました。

(1) 1ヶ月ほど前に見たときより赤味が増したようです。
P1410851.jpg



(2) このときは珍しく口をもぐもぐさせていませんでした。
P1410858.jpg



(3) 別の木に移動。
P1410867.jpg



(4) 早速、新芽に齧りつきました(笑)。
P1410873.jpg



(5) 食欲旺盛な所を見せていました。
P1410876.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の漂鳥。北海道で繁殖し、冬季なんかに越冬。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
水を飲むベニマシコ
川べりで草の実などを食べた後水を飲みに来たベニマシコに遭遇しました。

(1) 枯れた草に付いている実を食べているようです。
P1400621.jpg



(2) ベニマシコは、イカルと同様アトリ科の仲間で、いつも口をモグモグさせているイメージがあります。
P1400637.jpg



(3) 「おーっとっと、危なかった」  羽を開くと体が赤いことがよく分かります。
P1400639.jpg



(4) ごくごくと飲むのを3~4回。
P1400643.jpg



(5) 草の実を食べた後に水を飲んで満足そう^^。
P1400644.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.