ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
柳の新芽を食べるベニマシコ(紅猿子)
今日は、久しぶりにベニマシコの登場です。

(1) 柳の新芽に食いつくベニマシコくん(オス)。
P1080336.jpg



(2) 込み入った枝がありスッキリした画像になりません。
P1080337.jpg



(3) 不安定な枝先で新芽を頬張っています。
P1080363.jpg



(4) ちょっとバランスを崩し、アラララー。
P1080364.jpg



(5) 奥のメスさんとのツーショット。
P1080374.jpg



(6) メスさん、とても地味な装いですが、口一杯頬張っています。
P1080393.jpg
(3月中旬、北本自然観察公園にて)
ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きい漂鳥。北海道で繁殖し、冬は南下して越冬する。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
ベニマシコ(紅猿子)
今日は、久しぶりに出会ったベニマシコの登場です。

(1) 曇り空の下、新芽に食らいつくベニマシコくん。
P1080287.jpg



(2) 美味しそうにムシャムシャ。
P1080288.jpg



(3) こっちでも噛り付き。
P1080302.jpg



(4) こちらはベニマシコ嬢「私は、オスくんのようにがっついていないわよ。」(笑)
P1080314.jpg



(5) オスくん「そんなことないよ! 下の写真を見てよ、メスさんだってがっついているよ!」
P1080305.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息する。
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。』
 
最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ベニマシコ嬢
今日は、河川敷の林の中で出会ったベニマシコ嬢(ベニマシコのメス)の出演です。

(1) 丁度草の実を食べているところでした。
P1040557b.jpg



(2) 口いっぱいに頬張っています。
P1040558.jpg



(3) かなり近くなんですが、食べるのに夢中で警戒心が減少しています。
P1040568.jpg



(4) シメやウソなどと同じアトリ科に属するので草の実などを食べるに適した厚いクチバシをしています。
P1040577.jpg
オスは、赤くて人気の鳥です。一方、メスは地味ですがとても可愛いと思います。

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の漂鳥。
       主に北海道で繁殖し、冬季は南下し越冬する。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ベニマシコ(紅猿子)
一昨日は、青色のルリビタキくんに登場してもらったので、今日は赤色のベニマシコくんに出演してもらいました。

(1) 入り組んだ枝の中にいたベニマシコくん、枝被りでよく見えません。
P1030933.jpg



(2) 近くの草原に移動し、見返り美男風に撮らせてもらえました。
P1030936.jpg



(3) 一杯ひっかけたように目の周りが赤いですね。
P1030937.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の漂鳥。
       主に北海道で繁殖し、冬季暖地で越冬。
その生息域についてには次のように記載されています。
『日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息する。
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。』


(4) 紅梅が咲き始めていました。
P1030782.jpg
(埼玉県滑川町武蔵森林公園にて)

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ベニマシコ(紅猿子)
2017年の第2日目は、今季初見のベニマシコくん(オス)の登場です。

(1) 木の上方で鳥影、双眼鏡で見ると赤いベニマシコ(オス)と分かりました。
PC254870.jpg



(2) まだこれからの新芽を食いちぎっているようです。
PC254863.jpg
昨日紹介したアトリと同じ仲間で、厚いクチバシで草木の実などを食べています。



(3) ベニマシコの位置がイマイチよくなくて、きれいな赤が出ません。
PC254866.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の冬鳥。
なお、江戸時代中期から「さるましこ」「てりましこ」の異名があるが、オスの羽色が赤いことからきているとのこと。
(山岸哲著「けさの鳥」から)
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息する。
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.