FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
ベニマシコ(紅猿子)
今日は、近くの河川敷で出会ったベニマシコ♂の登場です。

(1) 枯れた葦で羽を休めるベニマシコ。
P1400493.jpg



(2) なかなか、スッキリした背景の所に出てくれません^^;。 食べ物が豊富にあるごちゃごちゃした藪がお好きのようです。
P1400504.jpg



(4) 赤いお腹がほっこり膨らんでいて暖かそう。
P1400506.jpg



(5) 「そっちの方で何だかごちゃごちゃと言っている声が聞こえるけど文句あるの…。」
P1400507.jpg



(6) 「それならスッキリした背景の所に移動したよ。これでどうだい(;゚Д゚)。」
P1400650.jpg

ベニマシコ:全長16cm、スズメより大きいアトリ科の漂鳥。北海道で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬。
日本で生息するマシコ(猿子)と名が付くものは、オオマシコ、ギンザンマシコ、ハギマシコ及びベニマシコの四種です。
私が出会ったのは、オオマシコとベニマシコのみ、残りの二種にも出会いたいものです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



赤い鳥-ベニマシコ(紅猿子)
今日は、赤い鳥、ベニマシコの登場です。

(1) 小さな池に現れたオスくん、今季初見です。これまではジョウビタキ同様メスさんには出会えていました。
P1400359.jpg



(2) お腹はかなり赤いですが、尾羽は中央が黒で両端は白という配色です。
P1400362.jpg



(3) 水飲みの間こちらを気にするように振り返っていました。 こうやって見ると目先が最も赤く見えます。
P1400365.jpg



(4) 水飲み後、藪の中に引き上げる途中に一瞬止まりました。
P1400372.jpg

ベニマシコ:全長15cm、スズメより少し大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアに生息する。
日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り、越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。

ベニマシコ、ジョウビタキ及びモズ
元旦に、ベニマシコ、ジョウビタキ及びモズに出会いましたがいずれもお嬢でした。

(1) セイタカアワダチソウの実を頬張るベニマシコ♀。
P1390851.jpg



(2) 食べ過ぎたのかこの後飛んで行ってしまいました。
P1390853.jpg



(3) こちらはお馴染みのジョビ子さん。
P1390854.jpg



(4) 冬は単独で生活するため縄張りに入るオスくんを追い出してしまうようです。
P1390855.jpg



(5) こちらはモズ♀。
P1390836.jpg



(6) 小さな猛禽だけあって正面顔は眼光鋭いです。
P1390833.jpg

お嬢ばかりに出会うのは偶然だと思いますが、オスくんは何処にいるのかと思ってしまいます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
ベニマシコ(紅猿子)
昨日に続きベニマシコの登場です。但し今日は、オスとメスの両者。

(1) ここではオス一羽とメス二羽がネコヤナギの新芽を食べています。 
P1300906.jpg



(2) モグモグタイムを楽しんでいるようです。
P1300912.jpg



(3) こうやって木を突っついているのもいました。 何を食べているのか分かりません。
P1300938.jpg



(4) 二羽のメスも同様に木を突っついています。
P1300958.jpg



(5) オスとメスが近づきましたが、これ以上寄ってくれませんでした。
P1300976.jpg

この時は、オス二羽とメス4羽くらいの群れが来ていました。
今季、オスにはなかなか出会えなかったので、今回会えてホッとしました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
ベニマシコ、シジュウカラ&シメ
今日は、公園で出会った、ベニマシコ、シジュウカラ及びシメの登場です。

(1) 最初は、ネコヤナギの新芽を食べるベニマシコ嬢。
P1300897.jpg



(2) モグモグタイムの始まりです^^。
P1300892.jpg



(3) 食欲全開、実に美味しそう。
P1300896.jpg




(4) こちらは、梅の花芽を食べるシジュウカラ、夫々に好みがあるんですね。
P1300884.jpg



(5) シメは、強面にも拘らず、木の実が好物のようで、地上に降りて落ちている実を探す姿がよく見られます。
P1300876.jpg



(6) 「北への長距離旅行に備えて栄養を蓄えているんだよ。」
P1300881.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.