ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
シメ(鴲)
今日は、最近よく出会うシメの出演です。

(1) 大きめのクチバシに大きめの身体のシメ、最近とてもよく出会います。 目先が黒でオスと思います。
P1040407b.jpg



(2) こちらもオスくん、すぐ傍でノイバラの実を食べていました。
P1040414b.jpg



(3) 白、黒、薄い褐色、濃い褐色そして紫色と色彩豊かな鳥さんです。
P1040417b.jpg

シメ:全長19cm、スズメとムクドリの中間の大きさ。
   クチバシは、固い実を食べるのに適した厚くて大きいアトリ科特有の形状をしています。
その生息域について、Wikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として飛来したシメに登場願いました。

(1) 川傍の林から出てきたシメ、辺りを警戒しながら降りてきました。
PC204743.jpg



(2) きれいな羽の色模様をしていると思います。
PC204745.jpg



(3) 水辺に降りてきて水飲みを始めました。 この子は目先が黒くなくメスではないかと思います。
PC204750.jpg



(4) 水を飲み際は、顔を上げて喉に流し込みます。
PC204751.jpg
NHKのダーウインが来たで先日アオバトが取り上げられていましたが、アオバトは人と同様頭を上げずゴクゴク飲むそうです。

シメ:全長19cm、ホオジロより大きいアトリ科の冬鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。
北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

シメを詠んだ一句『北風はげし鴲は梢よりこぼれ落つ』 安田春玲
「俳句の鳥・虫図鑑」成美堂より。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シメ(鴲)
冬鳥第二弾は、シメの登場です。

(1) 葉が落ちた枝にシメ、アトリ科の鳥だけあって硬い木の実が食べ易いようにクチバシが厚いです。
  噛む力は30キロもあるといわれ、噛まれたら相当痛いでしょうね。
PB043325.jpg
シメの学名「Coccothraustes coccothraustes」は「穀物を粉砕するもの」という意味のギリシア語に由来しているとのこと。
ここをクリックしてください。


(2) こちらは薄暗い林の中、冬鳥の中ではずんぐりした文鳥似の体です。全長19cm、スズメより一回り以上大きいです。
PB073358.jpg



(3) 水を飲みに降りてきました。
PB073408.jpg



(4) ゴクゴクとクチバシを上にあげて飲んでいますが、周囲への警戒は怠りないようです。
PB073386.jpg
強面顔ですが、

シメの生息域についてWikiには次の通り記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。
北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シメ(鴲)&ツグミ(鶇)
今日は、もう大分北帰行し、少なくなった冬鳥のシメさん、ツグミさんの登場です。

(1)シメさんが枝にとまったところを、パチリしたところ、こちらに気付いてきびしい目線。
P3204651.jpg



(2)もうこんなに青葉が出ている中で、ゆっくり休養、北帰行の英気を養っているのでしょうか。
P3294847.jpg

シメ:全長19cm、スズメとムクドリの中間の大きさのアトリ科の冬鳥。



(3)こちらはツグミさん、運動場や田んぼに降りて採餌しているまだ姿をよく見かけます。
P3204653.jpg



(4)鳥獣保護法などのない時代には、捕獲され焼き鳥にされることが多かったとのことです。
P3294855.jpg

ツグミ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の冬鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として飛来しているシメさんに登場してもらいました。

(1)暗い茂みで赤い実を食べるシメさん。
PC099353.jpg



(2)くちをモグモグさせてあっという間に食べてしまいます。
PC099355.jpg



(3)正面顔は何とも言えず強面に見えます(笑)。
PC099360.jpg



(4)こちらでも木の実を食べています。
PC079292.jpg



(5)やはりクチバシが厚いアトリ科の鳥さんだけあって、いつも食べ物をモグモグです。
PC079278.jpg

シメ:全長19cm、スズメとムクドリの中間の大きさのアトリ科の冬鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.