ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として北方から飛来したシメの登場です。

(1) シメもイカルと同じアトリ科の仲間、草木の実が大好物、口の中にはいつも実が入っています。
P1180635.jpg



(2) 見返り美人風ですが、ジョウビ子ちゃんにはかないませんね(笑)。
P1180632.jpg



(3) こちらは上とは別個体、威風堂々と言った風格を感じます。
P1180572.jpg



(4) やはり目付きが鋭すぎて見返り美人は似合いません。
P1180574.jpg

シメ:全長19cm、ホオジロより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。
北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
今季初見のシメ(鴲)
今日は、今季初見のシメの登場です。

(1) 強面顔が魅力のシメ、葉の落ちた枝にとまったのですが、枝が邪魔です。
P1170797.jpg



(2) 少し移動してくれ、全身が見えました。 目先が黒くなく又全体的に淡い色彩なのでメスと思います。
P1170801.jpg



(3) 伸び上がって辺りを見回していました。
P1170803.jpg

シメ:全長19cm、ホオジロより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。
北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』



(4) 近くの公園では枯れ葉が堆積して、晩秋から初冬の様相を呈しています。
P1170710.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です
シメ(鴲)
今日は、今季2回目のシメに登場してもらいました。

(1) 1月下旬に撮影したシメ、クチバシは肌色をしています。
P1040417b.jpg



(2) 最近出会ったシメ、クチバシは鉛色に変わりつつあります。 繁殖期になるとクチバシ全体が鉛色になるとのこと。
P1090567.jpg
シメは、ツグミ同様冬鳥ですが、他の冬鳥に比べ遅くまで留まっているようです。



(3) 伸び伸びして羽を広げると、白い模様が現れ、飛翔するときこれが目立ちます。
P1090570.jpg



(4) このシメ、頭を負傷したのか一部毛がありません。 天敵に襲われ難を逃れたのでしょうか?
P1090576.jpg

シメ:全長19cm、ホオジロより少し大きいアトリ科の冬鳥。
   ユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖し、越冬のため日本に渡ってきた鳥さんです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シメ(鴲)
今日は、最近よく出会うシメの出演です。

(1) 大きめのクチバシに大きめの身体のシメ、最近とてもよく出会います。 目先が黒でオスと思います。
P1040407b.jpg



(2) こちらもオスくん、すぐ傍でノイバラの実を食べていました。
P1040414b.jpg



(3) 白、黒、薄い褐色、濃い褐色そして紫色と色彩豊かな鳥さんです。
P1040417b.jpg

シメ:全長19cm、スズメとムクドリの中間の大きさ。
   クチバシは、固い実を食べるのに適した厚くて大きいアトリ科特有の形状をしています。
その生息域について、Wikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として飛来したシメに登場願いました。

(1) 川傍の林から出てきたシメ、辺りを警戒しながら降りてきました。
PC204743.jpg



(2) きれいな羽の色模様をしていると思います。
PC204745.jpg



(3) 水辺に降りてきて水飲みを始めました。 この子は目先が黒くなくメスではないかと思います。
PC204750.jpg



(4) 水を飲み際は、顔を上げて喉に流し込みます。
PC204751.jpg
NHKのダーウインが来たで先日アオバトが取り上げられていましたが、アオバトは人と同様頭を上げずゴクゴク飲むそうです。

シメ:全長19cm、ホオジロより大きいアトリ科の冬鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。
北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

シメを詠んだ一句『北風はげし鴲は梢よりこぼれ落つ』 安田春玲
「俳句の鳥・虫図鑑」成美堂より。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.