FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
冬鳥
今季、ツグミの飛来は少ないですが、シメ、カシラダカ、アオジはよく見かけます。

(1) 数羽のカシラダカが食べ物探しに降りてきました。
   全長15cm、スズメより少し大きいホオジロ科の冬鳥。
P1280782.jpg



(2) 冠羽が特徴の鳥さん、大抵は群れで行動しています。
P1280784.jpg



(3) カシラダカの近くには、シメが単独で食べ物探し。
   全長19cm、スズメよりずっと大きいアトリ科の冬鳥。
P1280786.jpg



(4) 固くて大きなクチバシで固い草木の実を割って食べます。
P1280790.jpg



(5) 更にアオジも降りてきました。
   全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の漂鳥。夏に標高の高いところで繁殖し、越冬のため平地へ移動。
P1280793.jpg



(6) 主に草木の実を食べ、 単独より群れでの行動が多いです。
P1280795.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



シメ(鴲)と紅葉
今日は、木の実を食べるシメの登場です。

(1) 葉が黄色く色付いた樹木に沢山の実が付いていました。そこに冬鳥として飛来したシメ。 葉被りでお顔が見えません^^;。
P1270320.jpg
この木は、ミズキでしょうか?



(2) ようやくお顔が見えました。 シメは木の実が大好物、固い殻も強いクチバシで割ってしまいます。
P1270326.jpg



(3) お食事中は、動かずじっとしています。 もっとお顔が見えるとよかったのですが…。
P1270330.jpg

シメ:全長19cm、スズメとムクドリの中間の大きさのアトリ科の冬鳥。
その生息域についてには次のように記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する』


(4) おまけは、そろそろ盛りが過ぎつつある赤く色付いたカエデ。
P1270386.jpg

ご訪問下さり感謝いたします。

↓ いつも応援頂きありがとうごいます。
シメ(鴲)&ツグミ(鶫)
シメとツグミも少し前から徐々に見られるようになりました。

(1) 1年ぶりに出会ったシメ、相変わらず強面です。
P1260922.jpg



(2) 同じ木にとまったツグミ、お久しぶりです^^。
P1260912.jpg



(3) 仲間がやってきました。
P1260917.jpg



(4) 右下のツグミ、羽をだらりと垂らしたような姿勢は独特です。
P1260920.jpg



(5) シメも仲間がやってきました。
P1260921.jpg

シメ:全長19cm、ハクセキレイより少し小さいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

ツグミ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『中華人民共和国南部、台湾、日本、ミャンマー北部、ロシア東部。
夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として飛来しているシメの登場です。

(1) 河川敷で食べ物を探しているシメくん、繁殖期が近づいているためクチバシの根元が鉛色に変わりつつあります。
P1230194.jpg



(2) こちらは昨年12月末に撮影したシメさん、非繁殖期なのでクチバシは肌色です。
P1180635.jpg



(3) そろそろ北帰行する準備のためか群れを形成しているようです。
P1230305.jpg

シメ:全長全長19cm、スズメとムクドリの中間の大きさで、アトリ科の漂鳥又は冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』


(4) オオイヌフグリ(別名星の瞳)が今を盛りと咲いています。
P1230277.jpg



(5) ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)も群生しています。
P1230281.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として北方から飛来したシメの登場です。

(1) シメもイカルと同じアトリ科の仲間、草木の実が大好物、口の中にはいつも実が入っています。
P1180635.jpg



(2) 見返り美人風ですが、ジョウビ子ちゃんにはかないませんね(笑)。
P1180632.jpg



(3) こちらは上とは別個体、威風堂々と言った風格を感じます。
P1180572.jpg



(4) やはり目付きが鋭すぎて見返り美人は似合いません。
P1180574.jpg

シメ:全長19cm、ホオジロより大きいアトリ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。
北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.