FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
シメ、カワセミ&シジュウカラ
今日は、昨日に続き河川敷で出会った鳥(シメ、カワセミ、シジュウカラ)の登場です。

(1) 最初は強面顔のシメ、例年に比べ数が少ない印象です。
m20210204 (2)



(2) しかしこんな愛想を振りまいてくれました^^。
m20210204 (1)



(3) その後は気を取り直して食べ物探しを始めました。
m20210204 (3)
シメ:全長19cm、スズメとムクドリの中間くらいのアトリ科の漂鳥又は冬鳥。



(4) カワセミくんが川面を睨んでいるところに出くわしました。
m20210204 (4)



(5) こちらが気になるのか、すぐに飛んで行きました。
m20210204 (5)
カワセミ:全長17cm、スズメより大きいカワセミ科の漂鳥又は漂鳥。



(6) シジュウカラはあちこちで見かけます。二羽が揃って水飲みです。
m20210204 (6)



(7) もう一羽加わって三羽で水飲み。
m20210204 (7)
シジュウカラ:全長15cm、スズメより僅かに大きいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



シメ(鴲)シメなど
先週末、埼玉県嵐山町の都幾川と槻川(つきがわ)が合流する辺りを歩きました。
いつもは人出は少ないのですが、自粛要請の影響か、川に遊びに来ている親子連れが目につきました。
私は、人がいないようなところを選んで歩きました。

(1) こちらは都幾川。
P4191351.jpg



(2) こっちは槻川、新緑が目に沁みます。
P4191352.jpg



(3) 花が終わったサクラの枝にシメ(冬鳥)、クチバシが肉色から夏羽の鉛色に変わっています。
P4191354.jpg



(4) 終わったサクラの中を行き来していました。
P4191358.jpg



(5) ホオジロくんも姿を見せてくれました。
P4191360.jpg



(6) しばらくするとこんな所で囀り始めました。
P4191365.jpg



(7) ツグミ(冬鳥)もまだいました。
P4191370.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
シメ(鴲)
林道を歩いていたら、すぐ前方にシメがいました。

(1) 木の実などを探しているシメ。
P1420590.jpg



(2) 顔は強面ですが、羽の色はとても綺麗です。
P1420593.jpg



(3) 正面顔、この仔は目先が黒いのでオスくんと思います。
P1420594.jpg



(4) 太くて立派なクチバシ、こんなので噛まれたら痛いでしょう。
P1420597.jpg



(5) 全長19cm、同じアトリ科のイカルより小さい冬鳥又は漂鳥。 もうしばらくすると北帰してしまうでしょう。
P1420601.jpg



(6) おまけは、ウグイスカグラ(鶯神楽)。
P1420586.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
シメ&イカル
今日は、シメとイカルの登場です。

(1) シメのお出ましです。 お顔は強面ですが、羽の色模様はきれいです。
P1400313.jpg



(2) 水場での水飲み。全長19cmとモズと同大のアトリ科の冬鳥です。
P1400349.jpg



(3) 一気にぐい飲み、この仔は目先が黒くないのでメスさん。
P1400347.jpg



(4) こちらは木の天辺近くで休憩中のイカル。 曇り空で色がよく出ません^^;。 
P1400296.jpg



(5) イカルは全長23cmとシメより大きいですが、同じアトリ科に属します。
   クチバシはシメ同様厚くて丈夫で固い木の実を割って食べるのに適しています。
P1400299.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
シメ(鴲)
今日は、冬鳥として飛来しているシメの登場です。

(1) ノイバラが沢山の赤い実を付けています。そこに一羽のシメ。
P1380609.jpg



(2) もう食べ放題
P1380610.jpg



(3) 口一杯に頬張っています。
P1380612.jpg



(4) 「いくらでも食べられるよ。」
P1380615.jpg



(5) 食べるのに夢中、傍によっても全く逃げるそぶりはありません。
P1380619.jpg

シメ:全長19cm、モズより少し小さいアトリ科の冬鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までの、ユーラシア大陸中部域に広く分布する。北方で繁殖した個体は、冬季南方へ渡る。
日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来する。』


(6) 紅葉が日に照らされ輝いていました。
P1380623.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.