ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
モズ&アオジ
河川敷で出会ったモズとアオジの登場です。

(1) モズ子ちゃん、可愛い顔で枝にとまっていました。
P1180663.jpg



(2) 横を向いたら、大事なヘアーが強風で乱れてしまいました(笑)。
P1180661.jpg
 以前にも似たようなケースがあり、強風は女の子にはイヤでしょうね。



(3) 一方、こちらはイケメンのモズ男くん、つぶらな瞳で見つめられてしまいました。
P1180597.jpg



(4) そして、こちらはアオジ嬢、キョトンとしたお目目が可愛いと思います。
P1180670.jpg



(5) アオジは日陰が好きなようで、背景に日が当たるとこんな画像になります。
P1180673.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
アオジ(青鵐)
今季、アオジには一度出会ったのですがすぐに飛ばれてしまいました。
今度はもう、住処に慣れたのかゆっくり撮らせてくれました。

(1) 藪の中で草の実を食べているところに出会いました。
P1170830.jpg



(2) 動かずに見ていると徐々に外の方へと出てきました。
P1170835.jpg



(3) 口の中で草の実をコロコロ動かしているようにも見えました。
P1170840.jpg



(4) 時々、周囲に目をやって警戒しているようでした。 この仔は目先が黒いのでオスくんと思います。
P1170848.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより大きくホオジロより小さいホオジロ科の漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アオジ(青鵐)
今日は、関東地方に冬鳥として飛来したアオジの登場です。

(1) 込み入った枝から目を見せるアオジ、メスだと思います。
P1160658.jpg



(2) もう少し日数が経つと警戒心が少なくなり、大っぴらに出てくるでしょう。
P1160661.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより少し大きいホオジロ科の冬鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』


(3) 十月桜が見頃を迎えています。
P1160516.jpg



(4) この桜、4月上旬頃と10月頃の年2回開花し、1年2回楽しめます。
P1160519.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アオジ&ツグミ
今日は、今季初撮りのアオジとツグミの登場です。

(1) 地元の林を歩いていた時、枝止まりした鳥がいました。 アオジですが、この後すぐに飛び立ってしまいました。
   数日前にも出会ったのですが撮れたのは今季初めてです。
P1160452.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の漂鳥、関東では冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』



(2) こちらは大きな木の天辺付近にとまっていました。じっと動かないのでよく見たらツグミでした。
P1160470.jpg



(3) 馴れてくると、地上で採食する姿が見られますが、飛来したての頃は木にとまることが多いです。
P1160473.jpg



(4) 羽をだらりと下げている姿は、まさにツグミらしいと思います。
P1160481.jpg

ツグミ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の冬鳥。

『中華人民共和国南部、台湾、日本、ミャンマー北部、ロシア東部。
夏季にシベリア中部や南部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部などへ南下し越冬する。
日本では冬季に越冬のため飛来(冬鳥)する。
和名は冬季に飛来した際に聞こえた鳴き声が夏季になると聞こえなくなる(口をつぐんでいると考えられた)ことに由来するという説がある。
日本全国で普通に見られる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
なお、2~3日留守にしますのでコメント欄は閉じさせていただきます。
また、更新は2~3日後になる予定です。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アオジ(青鵐)
今日は、埼玉県北本自然観察公園で出会ったアオジの登場です。

(1) 真冬の頃に比べ黄色味が増したアオジくん(オス)、山へ帰る前のひと時を過ごしているように見えます。
P1080979.jpg



(2) 今にもさえずりを始めるような雰囲気もありましたが、だんまりのようでした。
P1080983.jpg
5月の戸隠では、アオジがきれいな声でさえずっていました。


(3) この時期の公園の名物の一つ、エドヒガンザクラ、丁度見頃でした。
P1000128.jpg



(4) 説明書きによると樹齢200年以上とのこと、大切に保存していきたいですね。
P1000129.jpg



(5) 土手では菜の花が真っ盛り、しかしソメイヨシノはいくらも開花していませんでした。
P1000135.jpg



(6) 僅かに開花していた花をクローズアップ。
P1000139.jpg

北本自然観察公園、明日も続きます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.