FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202102<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202104
小鳥たち
昨日、公園で出会ったルリビタキを紹介しましたが、それ以外の小鳥の登場です。

(1) アオジ♂、L16cm、ホオジロ科。 中部地方以北で繁殖し関東以南で越冬。下のメスさんに比べ鋭い目つきをしています。
20210208 (1)



(2) アオジ♀、上のオスくんに比べ優しい顔付きをしています。 近づいても逃げません。
20210208 (2)



(3) ジョウビタキ♀、L14cm、ヒタキ科の冬鳥。 メスさんはよく見かけます。
20210208 (3)



(4) 上と同一個体、杭の上ですが見返り美人風がよいと思います^^。
20210208 (4)



(5) カシラダカ、L15cm、ホオジロ科の冬鳥。 落ち葉の中に潜んでいる草木の実を探しています。
20210208 (5)


(6) シジュウカラ、L15cm、シジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。 カシラダカと一緒に実を探していました。
20210208 (6)

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
スポンサーサイト



人馴れしたアオジ
公園で人馴れしたアオジに出会いました。

(1) アオジのオスくん、草木の実を食べています。3m位先で逃げることなく悠然としています。
P1031679.jpg



(2) 上と同じ個体ですが、こちらの方が胸の黄色味が鮮やかに見えます。
P1031689.jpg



(3) そしてこちらがアオジのメスさん、オスくんに比べ優しい顔をしています。
P1031685.jpg



(4) 草木の実を口一杯頬張っています。
P1031682.jpg
飛来した当初は警戒心が強かったですが、ここに来て大分気を許してくれたようです。



(5) 公園内の池は全面氷が張っています。その上に蓑傘を被っているような姿。誰でしょう?
P1031691.jpg



(6) 歩き出しました。 アオサギです。
P1031697.jpg
アオジ(青鵐)
今季はアオジが少ないと思っていたら、数羽の群れに出会いました。

(1) 数羽の群れが林道に降りて餌取り。
PC180805.jpg


(2) この三羽はメスさんかな。
PC180795.jpg



(3) こちらは目先が黒くて如何にもごっつい感じ、オスくんです。
PC180799.jpg



(4) こちらのメスさん、小さな実を食べていました。
PC180777.jpg



(5) フレンドリーな仔でかなり近づいても逃げません。
PC180784.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより少し大きいホオジロ科の漂鳥。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 ↓ ポチっと応援お願いします。
アオジ、ツグミ、ヒヨドリ及びカシラダカ
最近出会った鳥さんを紹介します。

(1) 冠羽が立っているようなアオジ、このようなアオジは初見です。 アオジは全長16cmのホオジロ科の漂鳥。
P1390859.jpg



(2) 優しげな横顔、メスさんだと思います。
P1390861.jpg



(3) ツグミの水飲みシーン、まだ例年に比べツグミは少ないと感じます。 ツグミは全長24cmのヒタキ科の冬鳥。
P1390890.jpg



(4) ヒヨドリ、木の実をゲットしてご満悦。 よく大きな声で鳴ぎながら飛んでいるのに出会います。
P1390846.jpg



(5) 偶然羽を開いた場面が撮れました。 ヒヨドリは全長28cmのヒヨドリ科の留鳥又は漂鳥。
P1390842.jpg



(6) カシラダカが草木の実を探し出しました。 全長15cmのホオジロ科の冬鳥で冠羽が特徴です。
P1390823.jpg



(7) こちらのカシラダカも、実をゲットして得意げな様子です。
P1390825.jpg




(8) おまけはキジバト。シックな装いを見ることが出来ました。全長33cmのハト科の留鳥又は漂鳥。
P1390839.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
アオジ(青鵐)
今日は、今季初見のアオジの登場です。

(1) 河川敷の林道で二羽のアオジが採餌中。
P1380965.jpg



(2) 口一杯に草の実を頬張っています。
P1380963.jpg



(3) 枝に上がったアオジくん。
P1380982.jpg



(4) 胸の黄色が鮮やかで印象的です。
P1380984.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.