FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
アオジ、ツグミ、ヒヨドリ及びカシラダカ
最近出会った鳥さんを紹介します。

(1) 冠羽が立っているようなアオジ、このようなアオジは初見です。 アオジは全長16cmのホオジロ科の漂鳥。
P1390859.jpg



(2) 優しげな横顔、メスさんだと思います。
P1390861.jpg



(3) ツグミの水飲みシーン、まだ例年に比べツグミは少ないと感じます。 ツグミは全長24cmのヒタキ科の冬鳥。
P1390890.jpg



(4) ヒヨドリ、木の実をゲットしてご満悦。 よく大きな声で鳴ぎながら飛んでいるのに出会います。
P1390846.jpg



(5) 偶然羽を開いた場面が撮れました。 ヒヨドリは全長28cmのヒヨドリ科の留鳥又は漂鳥。
P1390842.jpg



(6) カシラダカが草木の実を探し出しました。 全長15cmのホオジロ科の冬鳥で冠羽が特徴です。
P1390823.jpg



(7) こちらのカシラダカも、実をゲットして得意げな様子です。
P1390825.jpg




(8) おまけはキジバト。シックな装いを見ることが出来ました。全長33cmのハト科の留鳥又は漂鳥。
P1390839.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつもクリックで応援頂き感謝致します。
スポンサーサイト



アオジ(青鵐)
今日は、今季初見のアオジの登場です。

(1) 河川敷の林道で二羽のアオジが採餌中。
P1380965.jpg



(2) 口一杯に草の実を頬張っています。
P1380963.jpg



(3) 枝に上がったアオジくん。
P1380982.jpg



(4) 胸の黄色が鮮やかで印象的です。
P1380984.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
今年初見のアオジ(青鵐)
今日は、今年初見・初撮りのアオジの登場です。

(1) 地上に降りてきたアオジくん。
P1270928.jpg



(2) 早速落穂ひろい、草の実をゲットしたようです。
P1270930.jpg



(3) こちらのアオジくんは、草の葉を口にしているように見えます。
P1270939.jpg



(4) 胸の色が鮮やかな黄色に変わりつつあるようです。
P1270941.jpg



(5) おまけは近くの枝で休憩中のシメ、クチバシには食べ物の残骸が見えます。食後はお口を綺麗にして欲しいですね。
P1270935.jpg

今季、ツグミの姿をあまり見かけません。
シメ、カシラダカ、アオジ、ジョウビタキなどは、結構見かけるのですが、ツグミはどうしたのでしょうか?

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
アオジ(青鵐)
今日は、地元の林道で出会ったアオジの登場です。

(1) ルリビタキを期待しながら歩いていると前方に鳥影、アオジのようです。 日陰が好きなようです。
P1270364.jpg



(2) 三羽のアオジが並んでくれました。 数羽のアオジが近くの竹やぶとこの林道を行ったり来たり。
P1270367.jpg



(3) 手前はオスのアオジくん、落ちている草木の実を探しているようです。
P1270377.jpg



(4) ストレスを与えないよう遠くから撮っていたのですが、警戒して飛び立ってしまうことがあります。
P1270357.jpg



(5) 珍しく一羽のメスさんが近くの枝にとまりました。
P1270380.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより大きいホオジロ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』



(6) 何の木か分かりませんが、綺麗に色付いていました。
P1270381.jpg

ご訪問頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
アオジ&シジュウカラ
今日は、今季初見のアオジの登場です。

(1) 川の傍、藪の中で採餌中のアオジ、優しいお顔はメスさんです。
P1270179.jpg



(2) 「私に何か御用でしょうか?」
P1270180.jpg



(3) 「今はお食事タイム、忙しくてお相手できなくてごめんなさいね。」と優しく言われ、納得^^。
P1270184.jpg

アオジ:全長16cm、スズメより少し大きいホオジロ科の漂鳥。
     初夏、戸隠高原(標高12000m)できれいな声でさえずっていました。
その生息域についてWikには次のように記載されています。
『インド北部、中華人民共和国、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本、ネパール、ブータン、ロシア南東部。
夏季に中華人民共和国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する。
日本では亜種アオジが北海道や本州中部以北で繁殖し、中部以西で越冬する。
また少数ながら基亜種が越冬(冬鳥)や渡りの途中(旅鳥)のため、主に本州の日本海側や九州に飛来する。』

(4) 近くでは、シジュウカラもお食事中でした。
P1270189.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.