ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
ホオジロ(頬白)
今日は、久しぶりにホオジロの出演です。

(1) 枯れ枝の天辺にとまるホオジロ嬢(メスさん)。
PC254824.jpg



(2) 正面顔、「こっちを向いてちょうだい」との願いが叶いました(笑)。
PC254829.jpg



(3) こちらは別個体、見返り美人スタイルです。
P1065280.jpg



(4) ご参考までにオスくんを紹介します。 やはりメスさんの方が優しげな風貌をしていると思います。
PC286105.jpg

ホオジロ:全長17cm、スズメより大きいホオジロ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『シベリア南部、中国から沿海地方、朝鮮半島、日本まで、東アジアに広く分布する。
日本では種子島、屋久島から北海道まで分布し、身近な野鳥の一つである。
基本的に長距離の渡りはしない留鳥だが、北海道などの寒冷地では夏鳥として渡来繁殖し、冬季は暖地や南方へ移動する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
鏡池にてホオジロ(頬白)
戸隠シリーズ5回目の今日は、鏡池とそこで出会ったホオジロの登場です。

(1) 森林植物園の西南にある鏡池、名前の通り風がないと鏡のように景色を映し出します。
PA220276.jpg
NHK大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像ロケ地です。後方は戸隠連峰。



(2) 湖畔の一角にホオジロくん登場。 とっても近いです。
PA222351.jpg



(3) 穂をかじり始めました。 
PA222362.jpg



(4) 食べるのに時間がかかっていました。 
PA222366.jpg



(5) そのうち上方の木の枝に移動し、よいポーズをとってくれました。
PA222381.jpg

戸隠では、ホオジロは数が少なく珍しい存在ですが、この時はとても近くで、楽しませてくれました。
ホオジロ:全長17cm、スズメより大きいホオジロ科の留鳥又は漂鳥。


(6) 紅葉の真っ盛りでした。
PA220275.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
さえずるホオジロ(頬白)
昨日、オオヨシキリさんがさえずっていたニセアカシアの枝に今度はホオジロさんがやって来ました。

(1)ホオジロさん、口を大きく開けて一生懸命にさえずり始めました。
P5036008.jpg

ホオジロ:全長17cm、スズメより一回り大きい留鳥又は漂鳥。


(2)動画でさえずる様子を30秒間撮ってみました。この時、風が強くホオジロが枠から外れてしまうことも再三ありました。

さえずりの聞きなしとして「一筆啓上仕候」や「源平つつじ白つつじ」などが知られていますが、果してそう聞こえますか?

また、近くでオオヨシキリさんがさえずっていてその声も入っていますことをご了承ください。

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
ホオジロ(頬白)・秋のさえずり
今日は、久しぶりにホオジロ君に出演してもらいました。


(1)早朝の土手、後から斜光線がホオジロ君を照らしていました。
PA146140.jpg



(2)しばらく様子を見ているとさえずりはじめました。
PA146148.jpg



(3)さえずりは繁殖時期の春から夏だけと思っていたのでビックリです。
PA146152.jpg


(4)さえずり場面を動画で撮ってみました。 生憎飛行機の音が入り込んでしまいました。ご了承ください。
[広告] VPS


調べたところ、秋のさえずりは、縄張り宣言、それも「春の縄張りの準備」とのことが週刊長野記事に山岸哲氏が書かれています。
その記事はここをクリックしてください。
今から来春お嫁さんを迎えるための準備とは何とも気が早いですね(笑)。

なお、ホオジロのさえずりの聞きなしとして
「一筆啓上つかまつり候」、「 札幌ラーメン味噌ラーメン」、「源平つつじ、白つつじ」などがあります。
しかし、この時のさえずりはどれも当てはまらないように思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。
越生梅林
埼玉県の梅の名所、越生(おごせ)梅林へ行ってみました。


(1)ここは実をとる梅が主体で、白梅が多いです。 8分咲で、ちょうど見頃でした。
DSCF0622.jpg



(2)子供たちを乗せてミニSLが走っていました。 紅梅は盛りを過ぎていました。
DSCF0595.jpg



(3)梅林近くを越辺川が流れています。 川面への反射がキラキラしてきれいでした。
DSCF0623.jpg



(4)サンシュユ(山茱萸)の花、 一面白梅がある中で、黄色い花はとても目立ちます。
DSCF0599.jpg



(5)マンサク(満作)の花
DSCF0601.jpg



(6)フクジュソウ(福寿草)は、沢山咲いていましたが、多くは盛りを過ぎていました。
DSCF0609.jpg
期せずして黄色い花が続きました。


(7)そして、梅林の中で、ホオジロ君が懸命に囀っていました。
P3124807.jpg
最近、ウグイス、シジュウカラの囀りも聞きました。
いよいよ鳥さんたちは繁殖シーズンに入るのでしょう。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.