ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
カワラヒワ(河原鶸)・意外にも喧嘩っ早い?
今日は、地元の田んぼで出会ったカワラヒワの登場です。

(1) 田んぼで、葉っぱなどを食べていました。 基本的に草木の実などが植物食だと思います。
P1240541.jpg



(2) 水がたまった田んぼにもいました。 羽を広げるときれいです。
P1240556.jpg



(3) こういう場所にいると保護色で、いるのがよく分かりません。
P1240570.jpg



(4) 左の二羽にご注目ください。
P1240574.jpg



(5) 次の瞬間です、クチバシを突き合わせてのバトル発生。
P1240575.jpg



(6) 原因は何でしょう? この後は何事もなかったかのように採餌をしていました。
P1240576.jpg

カワラヒワ:全長14cm、スズメよりやや小さいアトリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『東アジア(中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島、日本)に分布する。
日本国内ではほぼ全域に分布する留鳥。ただし北部のものは冬場は暖地へ移動する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
花とカワラヒワ
今日は、花とカワラヒワのツーショットを紹介したいと思います。

(1) オオイヌフグリのお花畑で食べ物探し。
P1230895.jpg



(2) こちらはホトケノザの花園に入ってご満悦の様子。
P1230939.jpg



(3) 「ここには美味しい実が落ちているよ。」
P1230946.jpg



(4) 「お弁当付けてどこ行くの?」
P1230948.jpg



(5) そじて真打は、桜とのツーショット。「さくらと同じように美しく撮ってね…。」
P1230899.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワラヒワ(河原鶸)
今日は、最近よく出会うカワラヒワの登場です。

(1) まだあまり開いていない桜にとまったカワラヒワ。
P1230678.jpg



(2) 花と鳥は絵になるので直ぐに撮ってみたくなります。逆光でカワラヒワの目が沈んでしまいました。
P1230673.jpg



(3) こちら、カップルさんが地上で食べ物を探しています。
P1230760.jpg



(4) 一羽が、こんな格好で上空を見上げています。猛禽はいません。一昨日投稿したハクセキレイの仕草とよく似ています。
P1230747.jpg



(5) ベニマシコと同じアトリ科で、採餌している際はいつも口をもぐもぐさせています。
P1230752.jpg



(6) 「お腹がいっぱいになったら眠くなっちゃった。」
P1230755.jpg

カワラヒワ:全長14cm、スズメより少し小さいアトリ科の留鳥又は漂鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『東アジア(中国、モンゴル、ロシア東南部、朝鮮半島、日本)に分布する。
日本国内ではほぼ全域に分布する留鳥。ただし北部のものは冬場は暖地へ移動する』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
カワラヒワ&シジュウカラ
昨年12月下旬、イガグリのような木の実を突っついている鳥さんに出会いました。

(1) 一生懸命突っついている正面からの姿、これでは誰だか分かりません。
P1180485.jpg
このイガイガの実をつけている木は、何て言う名前でしょうか?→「モミジバフウ」でした。ブロ友さんに教えて頂きました。感謝します。
「アメリカフウ」とも言われ、北米から中南米原産の落葉高木。日本には大正時代に渡来したそうです。



(2) 横から見て、カワラヒワと分かりました。
P1180487.jpg



(3) 右に尾羽が見える仔がいます。 カワラヒワとは違います。
P1180492.jpg



(4) シジュウカラですね。
P1180493.jpg



(5) カワラヒワとシジュウカラが同じ木の実を食べていました。 こんな光景を見たのは初めてかも知れません。
P1180496.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
冬鳥が少ない
先日、近くの河川敷に冬鳥を見に行きましたが、出会えず、留鳥のモズとカワラヒワのみでした。
今季は、どうも冬鳥の飛来が遅れているように見えます。
理由は分かりませんが、鳥見の先輩たちもそのように言っていました。


(1) 出会えたのは、まずモズ男くん。
P1180081.jpg



(2) 強風で髪が乱れてちゃっています。
P1180079.jpg



(3) そしてカワラヒワの群れ。 20羽位はいたと思います。
P1180083.jpg



(4) 新芽はよく見えないのですが、突っついているように見えます。
P1180084.jpg



(5) やはり強風で髪が乱れている仔がいます。
P1180087.jpg

ジョウビタキ、ルリビタキ、シロハラ、シメ、ツグミなどの冬鳥、これから数が増えることを期待しています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.