ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
地元で出会った冬鳥
今日は、最近地元で出会った冬鳥の登場です。

(1) 最初はツグミ、珍しく枝どまりです。
P1230707.jpg



(2) ヤマザクラで休憩するシメ、クチバシの色が繁殖期の鉛色に変わっています。
P1230782.jpg



(3) 上とは別個体のシメ、怖い顔で睨まれました(笑)。
P1230789.jpg



(4) 公園の隅で採餌中のシロハラ、私を見て離れようと、とんとこ歩き出しました。
P1230971.jpg



(5) ちょっと鋭い目つきで睨まれました。
P1230979.jpg
これらの冬鳥も、間もなく北帰行していくでしょう。



(6) サクラの花とモモの花の共演です。
DSC00124.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
シロハラ(白腹)
最近、あちこちでシロハラに出会います。一方、アカハラにはあまり出会えていません。

(1) シロハラA、竹の手すりにとまるシロハラ、寒くて羽を膨らませています。 とても頭が黒いです。
P1210321.jpg



(2) シロハラA、そのうち口から真珠のような白い球を吐き出しました。 消化しきれなかったもの、いわゆるペリットでしょうか。
P1210322a.jpg




(3) シロハラB、上とは別の場所で出会った個体、普通はこんな風にスマートだと思います。
P1210568.jpg



(4) シロハラB、この仔も結構頭が黒いですね。 頭が黒いのがオスくんとのこと。
P1210571.jpg



(5) シロハラC、枯れ葉の中で虫などを探す姿、上記のAとBに比べ全体的に淡い色彩です。これはメスさんと思います。
P1210416.jpg

シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
実を食べる
今日は、草木の実を食べるシロハラとシジュウカラの登場です。

(1) 枯れ葉が堆積した場所で出会ったシロハラ。
P1180839.jpg



(2) 近かったのですが逃げずに食べ物を探していました。
P1180841.jpg



(3) そのうちにこんなきれいな実を咥えてきました。 ジャノヒゲという植物の実です。
P1180842.jpg
あっという間に一飲みでした。 なお、レンジャクもジャノヒゲの実は大好物です。



(4) 一方、こちらのシジュウカラ、大きな実を咥えてきました。
P1180818.jpg



(5) 足で実を押さえ付け、クチバシで突っつき始めました。 シロハラのように一飲みできません。
P1180820.jpg

鳥の種類により、植物の実を食べるにも流儀があるようです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シロハラ(白腹)
今日は、冬鳥として飛来したシロハラの登場です。

(1) 堆積した枯れ葉の上で食べ物を探すシロハラ。
P1180370.jpg



(2) 同じ個体か不明ですが、その後しばらくたった後、道路で悠然と構えていました。
P1180423.jpg



(3) やはり枯れ葉が溜まったところに行き、食べ物を探し出し始めました。
P1180444.jpg



(4) 食べ物探しの様子を動画で撮ってみました。(約40秒)


シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。
なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
里山散歩(上)
今日は、先週末に里山散歩した際出会ったシロハラと野草を紹介したいと思います。

(1) 冬鳥のシロハラくん(オス)がまだいました。
P1090741.jpg



(2) 意外に警戒心が薄く近くで撮らせてくれました。 無事に北の繁殖地に帰ってほしいですね。
P1090748.jpg



(3) 面白い形のムラサキケマン。
P1090551.jpg



(4) 白いムラサキケマン、シロケマンと言ったりシロヤブケマンと言ったりするそうです。
P1090557.jpg



(5) 林の中ではハルジオンが咲き出していました。
P4150102.jpg



(6) チゴユリ、とても小さく可愛らしい花ですが、下向きです。
P1100017.jpg



(7) 花が下向きなのでひっくり返しての撮影です。上とは違う個体です。
P4150109.jpg

4月も中旬になると、色々な野草が咲き出し、里山は賑やかになります。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.