ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
シロハラ(白腹)
今日は、武蔵森林公園・日本庭園近くで出会ったシロハラの登場です。

(1) 日向ぼっこする姿はだるまさんのように見えます(笑)。
P1030744.jpg



(2) 岩の上へ移動してこちらを見ていました。
P1030751.jpg



(3) 最後は背景がスッキリしたところで、はいポーズです。
P1030756.jpg
ここでは、シロハラを三羽くらい目にしました。 
なお、最近アカハラには出会いませんが、数少ないのでしょうか。

シロハラ:全長25cm、ムクドリより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。
なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』


(4) ピンクの梅が咲き始めていました。
P1030785.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
シロハラ(白腹)
今日は、冬鳥として北方から飛来したシロハラの登場です。

(1) 落ち葉が積もった林で二羽のシロハラがバトルしている場に遭遇しました。しかし動きが早くその様子は撮れませんでした。
PC314906.jpg
シロハラは、とっても目力の強いと思います。 この目で見られたらたじろいでしまいます。



(2) 一羽は林の中へ、もう一羽はこのようなところにとまり、辺りを窺っていました。
PC314917.jpg



(3) 相手が来ないので安心した様子でした。
PC314921.jpg

シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。
なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シロハラ(白腹)
今日は、林の中を歩くシロハラの登場です。

(1) クチバシで落ち葉をかけ分け、下にいる昆虫などの食べ物を探すシロハラ。
PC034364.jpg



(2) 時々立ち止まっては、辺りを警戒する仕草を見せています。
PC034365.jpg



(3) お腹は、名前程には白くはないです。
PC034369.jpg

シロハラ:全長25cm、ムクドリより少し大きいヒタキ科の冬鳥。

その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。
なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シロハラ(白腹)
今季、シロハラさんとはよく出会います。

(1)この日は、地元の小高い丘で落ち葉をひっくり返しているところでした。
P3174159.jpg



(2)こちらに気が付いたのでしょう、ちょっと怖そうな顔ですね。
P3174162.jpg



(3)今季アカハラさんに会ったのは2回くらい、それに対しシロハラさんとは10回以上出会っていると思います。
P3174163.jpg
シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように説明されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。
なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』


(4)こちらの染井吉野はまだこの程度の咲き具合、次の週末位が見頃と思われます。
P3244740.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

なお、拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
シロハラ(白腹)
今日は、とても近くで出会ったシロハラさんに登場願いました。

(1)歩いていたら前方の道端でゴソゴソと葉をひっくり返しているシロハラさんに出会いました。
P1030371.jpg
今季、シロハラさんにはよく出会いますが、アカハラさんとは出会いが少ないです。アカハラさんどうしたのでしょう?



(2)どうも私に気が付いたようで、道を横切って林の方へ移動。
P1030377.jpg



(3)足早に林の中へ入ってしまいました。
P1030379.jpg

シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きく、ヒヨドリより少し小さいヒタキ科の冬鳥。

その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。
なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』


(4)おまけは、シロハラさんがいた近くの葦原にいたシジュウカラ(四十雀)さん、葦についていた虫を捕っていたようです。
P1030385.jpg
シジュウカラさんは、背中の模様がとてもきれいだと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.