FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
スズメ(雀)
稲刈りの時期を迎えています。

(1) 首を垂れる稲穂。
P1360371.jpg



(2) 近くの電線にスズメの群れ。 警戒したり、羽繕いしたりしています。
P1360412.jpg



(3) 稲に群がっていたのが、人が通ると一斉に電線に飛んで行きます。
P1360414.jpg



(4) 「あそこに見なれない人がいるぞ、警戒信号発令だよ。」
P1360418.jpg



(5) 「それにしても痒いな~。」
P1360419.jpg



(6) モズがバッタを咥えて電線に止まりました。 急いで撮ろうとしたら、あっという間に食べてしまいました。
   まだ高鳴きは聴いていません。
P1360441.jpg

スズメが稲穂に集まってくる時期になりました。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



スズメ(雀)
今日は、スズメの幼鳥が登場します。

(1) 地元の川で、スズメの幼鳥に出会いました。
P1330099.jpg



(2) そのうちに親鳥がやって来て、食べ物を与えたようです。
P1330101.jpg



(3) 親は少しの間一緒にいましたが…。
P1330103.jpg



(4) そのうち、幼鳥がもう一羽やって来ました。兄弟でしょうね。
P1330109.jpg



(5) どちらももう自分で自由に飛べるほどに成長しています。
P1330110.jpg



(6) 近くの水たまりでは水浴びしているスズメもいました。
P1330114.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
里山散歩(3)
昨日の里山散歩の続きです。

(1) 小さな川の浅瀬ではスズメたちが水浴びのため忙しく出たり入ったり。
P1310213.jpg



(2) 「さあ、今度はボクたちが水浴びする番だよ。」
P1310215.jpg



(3) 「あれー、ボクだけが水浴びして、二人はどうしたの?」っと、左の仔。
P1310220.jpg



(4) 「ボク、寒くてもゆっくりと水を浴びるもんね。健康第一。」
P1310227.jpg



(5) スズメたちから少し離れたところでは、ハシブトガラスが水浴び中です。
P1310236.jpg



(6) 土手には水仙がきれいに咲いています。
P1310241.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
冬のスズメ
この時季のスズメ、人家の近くで過ごすものもいますが、こちらでは川や田んぼ近くにいるものが圧倒的に多いです。

(1) スズメの群れが、土手で一休みしています。
P1290417.jpg



(2) 「オイオイ、あっちの方から見ている不審な輩がいるから気を付けようぜ。」
P1290409.jpg



(3) 「気を付けるのは勿論だけど、こんなに暖かい日にはリラックスして日頃の疲れを癒そうぜ。」
P1290406.jpg



(4) 「そのためには、水を飲んだり…。」
P1290394.jpg



(5) 「水で身体を清めるたりするのがいいんだよ。」
P1290398.jpg



(6) 「いいな~、スズメさんはいつも仲間と一緒で、全く羨ましいよ…。」っと、ホオジロくん。
P1290391.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スズメの大群
ノビタキの近くでは、スズメの大群が稲を目指していました。

(1) 近くの電線から稲を目がけて降りてきます。
P1260470.jpg



(2) 次々と…。
P1260472.jpg



(3) スズメたちの歓声が聞こえてくるような…。 
P1260473.jpg



(4) 農家の方にとっては、苦労した稲が食べられるとは、悔しい場面でしょうね。
P1260474.jpg



(5) しかし、スズメがいることで害虫から守られることもあり、益の方が多いとの調査結果もあります。
  Wikiには次のように記されています。
  『夏から秋にかけては稲に対する食害も起こす。
   しかし、農村地帯で繁殖するスズメは、稲にとっての害虫も食べるため、コメ農家にとっては総合的に益鳥の面が大きいともされる。』
P1260475.jpg

なお、27、28日は留守にしますので、コメント欄は閉じさせていただきます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂きありがとうございます。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.