FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
白と赤
今日は、シロハラとアカハラの登場です。

(1) 昨日と同じ池にシロハラが現れました。今季初見・初撮りです。
P1280215.jpg



(2) 下に降りて水飲みです。
P1280221.jpg



(3) こちらは別個体、やはり水飲みに現れました。
P1280245.jpg



(4) 次いで、アカハラも現れました。 今季初見・初撮りです。よく見ると左にはヒヨドリも。やはり水飲みです。
P1280253.jpg



(5) こちらは上と同じ個体か分かりませんが、別の場所で水飲みです。
P1280267.jpg



(6) アカハラのお腹は赤というよりオレンジ色ですね。
P1280268.jpg
(埼玉県熊谷市を流れる荒川の河川敷にて)

シロハラ(白腹):全長25cm、ムクドリより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。
日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。
中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。』

アカハラ(赤腹):全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の仲間。夏季、中部以北で繁殖し、冬季、中部以西で越冬。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『中華人民共和国南部、台湾、日本、フィリピン北部。
夏季に日本で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や日本、フィリピン北部へ南下し越冬する。
日本では繁殖のため本州中部以北に飛来(夏鳥)し、冬季になると本州中部以西で越冬(冬鳥)する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



アカハラ&シジュウカラ
奥日光・戦場ヶ原シリーズ5回目の今日は、アカハラとシジュウカラです。

(1) 近くの枝にアカハラがとまっていました。 関東の平地では冬鳥として見られますが、春には高地へ移動し繁殖します。
P1110071.jpg



(2) しばらく周囲を見渡した後、飛び去って行きました。
P1110069.jpg

アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の漂鳥。



(3) こちらはお馴染みのシジュウカラ、平地にも高地にも普通に生息しています。
P1110066.jpg



(4) 全長15cm、スズメより少し大きいシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥で、お腹の黒いネクタイがトレードマークです。
P1110064.jpg



(5) 午前6時ごろも戦場ヶ原、遠くの山には残雪があります。
P1000661.jpg

今回の探鳥の目的に、ここで繁殖するオオジシギがありました。
声はすれど姿は見えず状態でしたが、最後の方で大空を猛スピードで飛翔する姿を何秒間か見ることが出来ました。
しかしそのスピードはツバメ以上で写真を撮るどころではありませんでした (ノд`)。

最後までご覧頂きありがとうございます。
明日からは、湯滝から湯川沿いを歩きます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アカハラ(赤腹)&シロハラ(白腹)
今季アカハラになかなか出会得ていませんでしたが、ようやく叶いました。

(1) しかも嬉しいことにアカハラと一緒に登場しました。
P1040828b.jpg



(2) 仲良くすればいいと思いますが、睨み合いしているようです。
P1040840b.jpg



(3) バトルまでには発展しませんでしたが、その後シロハラは追い出されたようです。
P1040849b.jpg



(4) 2~3時間後に戻ってみるとアカハラのみ、水場で採餌中。 とても頭が黒く、オオアカハラではないかと思います。
P1040932b.jpg



(5) アカハラといってもお腹の一部は白いですね。
P1040936b.jpg

アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の漂鳥。北海道や本州の山地で繁殖し冬季平地で越冬。
シロハラ:全長25cm、アカハラより少し大きい冬鳥。 
      中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国に渡り越冬する。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アカハラ(赤腹)
冬鳥第三弾はアカハラの登場です。

(1) 木の上で後ろ姿、 わき腹がオレンジ色なのでアカハラと思いました。
PB073427.jpg



(2) お顔を拝見、やはりアカハラでした。
PB073432.jpg



(3) こちらは昨日紹介したシメがいた暗い林の中、羽に白い班が走っているので幼鳥ではないかと思います。
PB073394.jpg



(4) やはり水飲みに降りてきました。
PB073367.jpg

☆ アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の鳥さん。
☆ その生息域についてWikiには次の通り記載されています。
  『中華人民共和国南部、台湾、日本、フィリピン北部。
   夏季に日本で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や日本、フィリピン北部へ南下し越冬する。
   日本では繁殖のため本州中部以北に飛来(夏鳥)し、冬季になると本州中部以西で越冬(冬鳥)する。』
☆ 顔がもっと黒く少し大きめのオオアカハラについては
  『日本、ロシア(サハリン、千島列島)。
   夏季に千島列島で繁殖し、冬季になると日本へ南下し越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。

アカハラ(赤腹)&シジュウカラ(四十雀)
戸隠シリーズ11回目は、アカハラさんとシジュウカラさん。

(1)アカハラさん、枯れ木の空洞に巣をつくり、抱卵していました。
P5226706.jpg



(2)時々警戒しているのか、頭を上げて見渡していました。
P5226708.jpg



(3)上から約3時間後にも見てみました。相変わらずじっと卵を温めていました。
P5226798.jpg

アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大。
      埼玉では冬鳥、長野などの中部地域以北で繁殖。



(4)こちらは、埼玉でもよく見られるシジュウカラさん、巣箱で繁殖活動。 
P5226697.jpg



(5)親が巣から飛び出すところに出会いました。ヒナの姿は見えませんでした。
P5226699.jpg

シジュウカラ:全長15cm、スズメより少し大きい留鳥又は漂鳥。

今回の戸隠では、次のような繁殖活動中の鳥さんにたくさん出会えました。
アカハラ、エナガ、オオアカゲラ、コサメビタキ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、フクロウ

最後までご覧頂きありがとうございます。

また、いつも応援の拍手を頂き感謝です。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.