ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
アカハラ(赤腹)&シロハラ(白腹)
今季アカハラになかなか出会得ていませんでしたが、ようやく叶いました。

(1) しかも嬉しいことにアカハラと一緒に登場しました。
P1040828b.jpg



(2) 仲良くすればいいと思いますが、睨み合いしているようです。
P1040840b.jpg



(3) バトルまでには発展しませんでしたが、その後シロハラは追い出されたようです。
P1040849b.jpg



(4) 2~3時間後に戻ってみるとアカハラのみ、水場で採餌中。 とても頭が黒く、オオアカハラではないかと思います。
P1040932b.jpg



(5) アカハラといってもお腹の一部は白いですね。
P1040936b.jpg

アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の漂鳥。北海道や本州の山地で繁殖し冬季平地で越冬。
シロハラ:全長25cm、アカハラより少し大きい冬鳥。 
      中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国に渡り越冬する。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
アカハラ(赤腹)
冬鳥第三弾はアカハラの登場です。

(1) 木の上で後ろ姿、 わき腹がオレンジ色なのでアカハラと思いました。
PB073427.jpg



(2) お顔を拝見、やはりアカハラでした。
PB073432.jpg



(3) こちらは昨日紹介したシメがいた暗い林の中、羽に白い班が走っているので幼鳥ではないかと思います。
PB073394.jpg



(4) やはり水飲みに降りてきました。
PB073367.jpg

☆ アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の鳥さん。
☆ その生息域についてWikiには次の通り記載されています。
  『中華人民共和国南部、台湾、日本、フィリピン北部。
   夏季に日本で繁殖し、冬季になると中華人民共和国南部や日本、フィリピン北部へ南下し越冬する。
   日本では繁殖のため本州中部以北に飛来(夏鳥)し、冬季になると本州中部以西で越冬(冬鳥)する。』
☆ 顔がもっと黒く少し大きめのオオアカハラについては
  『日本、ロシア(サハリン、千島列島)。
   夏季に千島列島で繁殖し、冬季になると日本へ南下し越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。

アカハラ(赤腹)&シジュウカラ(四十雀)
戸隠シリーズ11回目は、アカハラさんとシジュウカラさん。

(1)アカハラさん、枯れ木の空洞に巣をつくり、抱卵していました。
P5226706.jpg



(2)時々警戒しているのか、頭を上げて見渡していました。
P5226708.jpg



(3)上から約3時間後にも見てみました。相変わらずじっと卵を温めていました。
P5226798.jpg

アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大。
      埼玉では冬鳥、長野などの中部地域以北で繁殖。



(4)こちらは、埼玉でもよく見られるシジュウカラさん、巣箱で繁殖活動。 
P5226697.jpg



(5)親が巣から飛び出すところに出会いました。ヒナの姿は見えませんでした。
P5226699.jpg

シジュウカラ:全長15cm、スズメより少し大きい留鳥又は漂鳥。

今回の戸隠では、次のような繁殖活動中の鳥さんにたくさん出会えました。
アカハラ、エナガ、オオアカゲラ、コサメビタキ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、フクロウ

最後までご覧頂きありがとうございます。

また、いつも応援の拍手を頂き感謝です。
アカハラ(赤腹)
今季、シロハラさんにはよく会いますが、アカハラさんには会える頻度が少ないです。
今回、アカハラさんには久しぶりの出会いでしたので登場願いました。

(1)人気のない人様の庭にアカハラさん。
P2243578.jpg



(2)茂みの方へと急ぎ足、顔がとても黒いのでオオアカハラさんだと思います。
P2243579.jpg



(3)正面から見るとお腹のオレンジ色、顔の黒さ、鋭い目が目立ちます。
P2243585.jpg
アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の鳥さん。
      夏、高地で繁殖し、関東地方では冬鳥。
あるブログによると、関東地方で越冬するのはほとんどオオアカハラであると述べられています。ここをクリックしてください。



(4)紅梅と白梅の重なりがとてもきれいに見えました。
P2243576.jpg



(5)近くを走る八高線、二両連結です。
P2243587.jpg
(埼玉県毛呂山町にて)

最後までご覧頂きありがとうございます。

拙きブログに拍手の応援頂き とても励みになり、感謝申し上げます。
アカハラ&オオアカハラ
昨日のシベリアアオジさんが現れた公園では、アカハラさん、オオアカハラさんがより多く姿を見せてくれました。

(1)尾羽のないアカハラさん、そんなハンディを感じさせない程に元気に採餌していました。
P1070476.jpg



(2)オオアカハラさんやツグミさんとバトルらしき接触はありましたが、すぐに離れて木の上で休憩。
P1070652.jpg
アカハラ:全長24cm、ムクドリと同大のヒタキ科の鳥さん。関東では冬鳥。



(3)こちらはアカハラさんよりもっと頭が黒いオオアカハラさん、大口を開けて実を食べようとしています。
P1070496.jpg



(4)ゲットしました。
P1070491.jpg

山渓「日本の野鳥」にはアカハラとオオアカハラについて次のように説明されています。
『種アカハラは千島列島の択捉島で繁殖する亜種オオアカハラと国後島以南で繁殖する亜種アカハラに分類されている。
しかし、両亜種の体の大きさは完全に重複しているので野外識別は非常に難しい。
ただし、羽色が濃く、体の大きい亜種オオアカハラの雄の大型個体に相当する個体は、少なからず冬鳥として観察される。』

私のこれまでの経験でも埼玉で観察される個体はオオアカハラが多いと感じています。

最後までご覧頂きありがとうございます。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.