FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
トビ(鳶)
荒川河川敷でトビに出会いました。

(1) 河川敷のサッカー場、ゴールポストに三羽のトビ。 見た所若鳥ではないかと思います。
P1380148.jpg



(2) 少し近づいて行ったところ一羽、二羽と飛び出しました。
P1380149.jpg



(3) 最後に残った一羽、こちらを注視。
P1380153.jpg



(4) 映っていませんが飛び出す前に用を足しました^^;。
P1380154.jpg



(5) 飛び出し。
P1380155.jpg



(6) 遠くへと飛んで行きました。
P1380158.jpg

トビ:全長60cm、ハシブトガラスより大きいタカ科の留鳥。
雑食性のためか勇猛な他のタカより一段低く見られているようです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト



カラスに追われるトビ
先日、入間川を歩いていると、トビがカラスに追われる場面に遭遇しました。

(1) トビが二羽のカラス(ハシボソだと思います)に追われていました。
P1340387.jpg



(2) カラスの縄張りに入ったのでしょう。 カラスは、追いかけてトビに触れんばかりに接近です。
P1340389.jpg



(3) トビはタジタジという感じでカラスに追われていました。 
P1340391.jpg



(4) トビは、羽が大分抜けているように見えますが、換羽中でしょうか。
P1340392.jpg




(5) トビがカラスに追われている場面に出会うと、トビを応援するのですが、いつも追われっぱなしです。大人の対応でしょうか。
P1340398.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
狭山湖にて(5)-スズメなど
今日は、狭山湖シリーズの最終回です。

(1) 湖近くにはスズメが沢山いました。 右端の仔だけがカメラ目線。
P1270436.jpg



(2) 水際で食べ物を探すセグロセキレイ。
P1270419.jpg



(3) ハクセキレイもいました。
P1270439.jpg



(4) 猛禽ではトビが飛んでいました。
P1270538.jpg



(5) 霞んでいる山々は奥多摩方面、一番高い山は大岳山1266mと思います。
P1270537.jpg

これで狭山湖シリーズを終了します。
長々とご覧くださりありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
渡良瀬遊水地にて(その2)
昨日に続き、渡良瀬遊水地で出会った鳥たちを紹介します。

(1) この日は、トビがあちこちで見られました。
P1150740.jpg



(2) このトビ、上面に白い羽縁が目立ちます。 幼鳥と思います。
P1150768.jpg



(3) 遠くの浮袋?にとまっていたこちらも幼鳥のようです。 猛禽とはいえ可愛く見えます。
P1150784.jpg



(4) こちらも羽に白っぽさが多いので幼鳥でしょう。
P1150786.jpg



(5) はるか遠くを飛ぶチュウヒ、証拠写真にもならないですね(;´Д`)。
P1150789.jpg



(6) 遊水地内に設けられた施設には、いつものようにハヤブサがとまっていました。
P1150765.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
トビ(鳶)
縁起の良い初夢として「一富士二鷹三茄子」と言われますので、今日はタカの一種トビさんに登場願いました。

(1)空高く滑降している姿はなかなかのものだと思います。
PB228357.jpg



(2)一方、このように木の枝にとまっている姿はなかなか見られません。
PC169652.jpg
右側のトビさんはどっしり腰を落ち着かせ、一方、左側のトビさんは腰を浮かせそわそわしていました。




(3)すると左のトビさんが飛び立ち、右側のトビさんはつられて羽をバタバタ。
PC169661.jpg




(4)しかし、右のトビさん、何事もなかったように再び腰を落ち着かせました。
PC169663.jpg

トビは日本で最も身近な猛禽であることもあり、Wikiにはトビを含む言葉の例として次のようなものが挙げられています。
『・鳶色(トビの羽の色に似た暗い茶褐色)
 ・鳶職(建設業において、高所での作業を専門とする職人)
 ・鳶口(トビのくちばしの様な形状の鉤を棒の先に取り付けた器具)
 ・鳶烏賊(敵から逃げる際に海面から跳び上がって滑空する事からこの名が付けられたイカ)
 ・鳶が鷹を産む(平凡な親が優れた子が生む事を指すことわざ)
  なお、トビはタカの一種なので、集合論的にはトビが産むのは常にタカと言える。
 ・鳶に油揚げをさらわれる(大切なものや、本来自分のものになる筈のものを突然横取りされ、呆気にとられる様子を指すことわざ)
 ・鳶も居ずまいから鷹に見える(立ち居振舞いが上品であれば、どんな人間でも立派に見えるという意味のことわざ)
 ・とんび(和装用の外套の一種。インバネスコートのケープ部分の形状からこのように呼ばれた)』

最後までご覧頂きありがとうございます。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.