ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201310<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201312
チョウゲンボウ(長元坊)
今日は、チョウゲンボウ(長元坊)さんに出演願いました。

(1)ベニマシコさんがいた場所の近く、田んぼ脇の電線にチョウゲンボウさんが留まっていました。
PB301446.jpg
こちらを見ているので、忍び足で近づきます。でも鳥さんは目がいいからきっと見られていますね。


(2)下を見たり…。
PB301476.jpg



(3)遠くを見たり…。
PB301478.jpg



(4)よく見えるように大きくトリミングしました。大きな目で獲物を探すんですね。
PB301466.jpg



(5)この後、田んぼに降りたので獲物がいたかと思ったら、空振りのようです。
PB301444.jpg



(6)ホバリングして獲物を狙っている様子、これは上の個体とは異なり庫出ししたものです。
K3066234b.jpg

チョウゲンボウ:全長35㎝、キジバトより少し大きいハヤブサ科に分類される。
猛禽類に一種だけど、ハヤブサ科の鳥さんはタカ科の鳥さんより小さいです。
Wikiには以下のように解説されています。
『ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する。寒冷地で繁殖した個体は、冬季に南方へ渡り越冬する。
日本では、夏季に本州の北部から中部で繁殖する。北海道や四国、九州でも夏季に観察されたことがあり、繁殖している可能性もある。冬季は繁殖地に残る個体と暖地に移動する個体に分かれる。また、日本全国各地に冬鳥として渡来する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.