ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201701<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201703
ホオジロガモ(頬白鴨)
埼玉県深谷市を流れる荒川に毎年ホオジロガモが飛来します。
その名の通りオスは頬に白くて丸い班があります。

(1) 先頭がオス一羽、メスは後に続いています。 カウントしたところ、オス五羽にメス30羽、圧倒的にメスが多かったです。
P1060177b.jpg



(2) オスの正面顔、白いほっぺが何とも可愛いです。
P1060200b.jpg



(3) 十羽くらいのメスが飛んでくれ、羽模様が見えました。 両翼には白い班が見えます。
P1060237b.jpg



(4) 頭の形がおむすびのようなオスくん、ウオーミングアップ。
P1060253b.jpg



(5) 負けじとメスさん、ちょっと怖い目つきのウオーミングアップ。
P1060211b.jpg



(6) 中央の二羽のオス、頭を後に反らすイナバウアーのような恰好をしています。 メスに対する求愛ディスプレイとのこと。
   何ともユーモラスな感じがします。
P1060139a.jpg
この画像は、下の動画から切り出したものです。


(7) 求愛ディスプレイの入った動画をご覧ください。5秒くらいのところで中央のオス2羽に着目してください。
   ホオジロガモは潜水して魚などを捕るタイプのカモですので、すぐに潜るところもご覧ください。


ホオジロガモ:全長45cm、ミコアイサより少し大きいカモ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『北ヨーロッパからシベリア、カムチャツカまでのツンドラ以南の森林、南はウスリーで繁殖し、地中海やペルシア湾、日本、中国南部、朝鮮半島などで越冬する旧北区亜種と、アラスカやカナダで繁殖し、アメリカ中部などで越冬する新北区亜種に分けられる。
日本へは亜種ホオジロガモが冬鳥として渡来する。北日本に多く渡来し、本州中部以南で観察される個体は多くない。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.