ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
ハマシギ(浜鷸)
谷津干潟の2回目は、ハマシギです。

(1) 干潟で休憩中のハマシギの群れ、夏羽に変わり腹部に大きく黒い班が見えます。
P1100573.jpg




(2) そこに現れたキアシシギ、「昼寝ばっかりしてたらダメだよ、しっかり働いて」と叱咤激励(笑)。
P1100575.jpg



(3) 一羽が比較的近くに来てくれました。
P1100665.jpg



(4) こちらはキョウジョシギの群れに一羽で佇んでいました。
P1100683.jpg

ハマシギ:全長21cm、ムクドリより大分小さいシギ科の旅鳥又は冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『ユーラシア大陸と北アメリカの北極海沿岸のツンドラ地帯で繁殖し、冬季は中国南部、中東、地中海沿岸、アフリカ西海岸、北アメリカの東海岸・西海岸に渡り越冬する。
日本では旅鳥または冬鳥として、全国各地に渡来する。日本で最も多く見られるシギ類の種のひとつである。
調査により日本に渡って来る種(Calidris alpina sakhalina Vieillot, 1816)は、大部分がアラスカ北部で繁殖した群れであると推定されている。
2011年11月2日の藤前干潟の調査で、約1,500羽の飛来が確認された。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.