FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201906
茨木県稲敷市にて(2)
昨日の続きです。

(1) 水辺に近い葦原には時々チュウヒが飛んでいました。 ピンボケで恐縮です。
P1320651.jpg



(2) 一方、観察路の足元には、「ギンイチモンジセセリ(銀一文字挵)」、私にとっては初見。「準絶滅危惧」評価を受けているそうです。
P1320674.jpg



(3) 近くの田んぼではシギ、チドリを期待したのですが、昨日紹介したコチドリとこのアオサギだけでした。
P1320627.jpg



(4) 更に、ハス田に行くと、まずはバン。
P1320530.jpg



(5) 次いで、黒いシギが採餌中。 夏羽のツルシギです。
P1320559.jpg



(6) 白っぽい冬羽のツルシギは見たことがありますが、黒い夏羽に出会ったのは初めてです。
P1320570.jpg



(7) 何かの拍子に飛び立ちました。
P1320573.jpg



(8) 羽の裏側は白いです。
P1320574.jpg
ツルシギ:全長30cm、キジバトより少し小さいシギ科の旅鳥。
その生息域についてWikiには次のように記載されています。
『ユーラシア大陸の寒帯や北極圏で繁殖する。冬季はアフリカ大陸中部、地中海沿岸、中近東、インド、東南アジアに渡って越冬する。
日本には、旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来する。秋よりも春の渡りの方が渡来数は多い。
まれに越冬する個体もある。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも応援頂き感謝いたします。
スポンサーサイト
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.