ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
多摩動物公園にて(3)
多摩動物公園の3回目の今日は、ハト科の鳥さんなどを紹介します。

(1) アカガシラカラスバト、小笠原諸島と硫黄島に生息。頭部が赤く現地では「あかぽっぽ」と呼ばれている由。 
  島々には天敵がいなかったため警戒心が少なく、野生化したネコなどに襲われ一時は数十羽にまで減少。
  しかし、その後の保護活動で数百羽にまで回復したそうで、よかったです。
P1090190b.jpg



(2) ソデグロバト、風切り羽と尾羽が黒い。 インド洋の島、インドネシア、オーストラリアに生息。
P1090182b.jpg



(3) アオバト、中国、台湾、日本に生息。 北海道では夏鳥、本州以南では留鳥。
P1090191b.jpg



(4) ホオジロガモ、自然界ではなかなか間近で見られません。
P1090281b.jpg



(5) インカアジサシ、ペルーからチリまでの太平洋岸に生息するカモメ科の鳥さん。
   クシバシの付け根付近から伸びている白色の飾羽、ダリを彷彿させる髭のように見えます。
P1090299b.jpg



(6) インカアジサシの水浴び、狭いケージ内を飛び回っている仔もいました。
P1090285b.jpg



(7) カンムリシロムクドリ、インドネシア(バリ島北西部)に生息。 日本のムクドリに比べとても優美な姿をしています。
P1090348b.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
アオバトさん!
ハロゲンさんへ

こんばんは!

duck4にとって馴染みのあるハトさんは、アオバトさんですね!多摩動物公園では、たくさんの鳥さんが飼育されているようですね!鳥を見るのに良さそうな場所のようですね!v-519v-521
2017/04/17(月) 19:05:47 | URL | duck4 #Vt/ZXMnQ [ 編集 ]
こんばんは

ES細胞、iPS細胞の研究の進展は、これまでの医療に再生医療という大きな進歩をもたらすと思います。そして絶滅危惧種の維持だけでなく、すでに絶滅した鳥たちの標本から遺伝子情報を取り出して再生させることもできるような気がします。
2017/04/17(月) 22:00:44 | URL | Gabacho #nH0dgipQ [ 編集 ]
お早うございます。
インカアジサシ、面白い鳥ですね。
白い模様かと思ったら飾り羽なんですね。
どうしてこんなところにと思ってしまいます^^。
鳥も色々と改めて感じました。
2017/04/18(火) 08:22:39 | URL | Xin #- [ 編集 ]
色んなのいますねー(^。^)
ホオジロガモ、なんか可愛いらしいですわー!
2017/04/18(火) 11:22:20 | URL | onorinbeck #- [ 編集 ]
duck4さんへ
duck4さん、コメントありがとうございます。

私もアオバトは大磯の海岸に海水を飲みに来るところを見たことがあります。
東京の動物園だけに種類も数も豊富だと思います。
2017/04/18(火) 17:50:37 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
Gabachoさんへ
Gabachoさん、コメントありがとうございます。

すでに絶滅した種も復活させることが出来たら素晴らしいことですね。
期待したいです。
2017/04/18(火) 17:52:35 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
Xinさんへ
Xinさん、コメントありがとうございます。

インカアジサシを見たとき、ダリの髭を思い出しました。
世界は広いですね。
2017/04/18(火) 17:54:55 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
onorinbeckさんへ
onorinbeckさん、コメントありがとうございます。

東京の動物園だけに種類も数も豊富ですね。
ホオジロガモ、ユニークで可愛いのでファンも多いです。
2017/04/18(火) 17:56:38 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.