ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
多摩動物公園にて(5)
多摩動物公園の5回目の今日は、フクロウやガンの仲間を紹介したいと思います。

(1) ワシミミズク、極地圏と熱帯を除くユーラシア大陸の大部分に生息。日本では北北海道。
   全長72cm、体が大きく力が強いので、もっとも強力な「夜の猛禽」と呼ばれる。(Wikiによる)
P1090197.jpg



(2) シロフクロウ、これはメス、オスはほぼ真っ白、全長は50cm-65cmでメスの方が大きい。
   繁殖期には北極圏に広く分布する。
   冬は多くの個体がユーラシア大陸や北アメリカ大陸などの亜寒帯まで南下し、日本でも北海道でまれに見られる(Wikiによる)。
P1090404.jpg



(3) ミカドガン、全長66-89cm、カモ科。
   アラスカ州やチュクチ半島で繁殖し、冬期になるとカムチャツカ半島、アリューシャン列島、アラスカ湾へ南下し越冬する(Wikiによる)。
P1090499.jpg



(4) ハクガン、全長66-84cm、カモ科。
   生息域はカナダ、中華人民共和国、デンマーク(グリーンランド)、インド、日本、大韓民国、メキシコ、ロシア、アメリカ合衆国(Wikiによる)。
P1090509.jpg



(5) インドガン、全長71-76cm、カモ科。
  生息域は、アフガニスタン、インド、ウズベキスタン、カザフスタン東部、キルギス、タジキスタン、中華人民共和国西部、ネパール、バングラデシュ、ブータン、モンゴル、ロシア南東部(Wikiによる)。
P1090502.jpg



(6) アオガン、全長55cm、カモ科。
  生息域は、アゼルバイジャン、イラン北部、ウクライナ、ウズベキスタン、カザフスタン、ギリシャ北東部、トルコ、ブルガリア、ルーマニア東部、ロシア(Wikiによる)。
P1090506.jpg



(7) ニジキジ(虹雉)、全長60-70cm、キジ科。
  ネパールの国鳥で、生息域は、インド、チベット、ネパールの標高2500〜5000mの高山帯(Wikiによる)。
P1090357.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは
ニジキジの構造色は本当にきれいですね。アオガンという鴈も初めて聞きました。いろいろな鴈がいるんですね。
2017/04/19(水) 20:48:20 | URL | Gabacho #nH0dgipQ [ 編集 ]
多摩動物園にはずいぶんいろいろな鳥がいるのですね。小学生の頃に行ったきりです。その頃喜んでいたのはライオンとか象とかキリンとかでした。

多摩動物園のエリマキシギが夏になるとふわんふわんのエリマキになるとか。この冬にその話を聞いて、是非行ってみようと思いました。
2017/04/19(水) 20:58:39 | URL | すみれすみれ #- [ 編集 ]
ほんと色んな子がいる動物園ですねー。
千葉の動物園、こんなに種類無いですよー。
ミミズク見たいなあ(^。^)
2017/04/20(木) 11:42:40 | URL | onorinbeck #- [ 編集 ]
Gabachoさんへ
Gabachoさん、コメントありがとうございます。

ニジキジ、カワセミ以上にきれいかも知れませんね。これも構造色なんですね。
アオガンは私も初めてです。
2017/04/20(木) 17:30:37 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
すみれすみれさんへ
すみれすみれさん、コメントありがとうございます。

多摩動物園にエリマキシギがいるのですか。
見にいかなくちゃーいけませんね(笑)。
2017/04/20(木) 17:32:35 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
onorinbeckさんへ
onorinbeckさん、コメントありがとうございます。

財政豊かな東京の動物園だけあって、種類も数も豊富ですね。
2017/04/20(木) 17:34:17 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.