FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
ツバメの巣材集め
今日は、ツバメが巣材集めをしている光景を紹介したいと思います。

(1) これから本格的に水を引こうとしている田んぼの一角、ツバメが巣材となるワラと泥を集めていました。
P1240713.jpg



(2) 巣材を咥えて飛び立つところです。
P1240715.jpg



(3) こちらは、凄く長いワラを咥えていますが、運ぶことが出来るんでしょうか?
P1240718.jpg



(4) 頑張って飛んで行きました。
P1240720.jpg



(5) こちらは別のツバメ、「そこで何やらこっちを覗いているけど、文句あるの?」と睨まれてしまいました(笑)。
P1240722.jpg

ツバメの巣は、ワラと泥とツバメの唾液とを混ぜ合わせて作られていますので、昔の日本家屋の土壁と同じようなものと考えられますね。
あの小さなツバメが何回も巣材を運んで土壁のように巣を作るんですから尊敬しちゃいます。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
今晩は。
旅先でもツバメの巣作りを見ました。
都会でも今一所懸命巣作りをしていますね。
そうかと思うと毎年作っていた場所が壊されていたりします。
小さなツバメの懸命な作業を見ていると巣を壊すなんてそんな気持ちにはなれないと思うのですが・・・
軒を使われてしまった家にはそれなりの理由もあるのでしょうね><。
2018/05/24(木) 19:30:33 | URL | Xin #- [ 編集 ]
ツバメさん!
ハロゲンさんへ

こんばんは


まるで土塀をつくるようですよね!
今も巣を作っているということは、補強でもしょうと思っているのでしょうか?まだ5月下旬!ツバメさんの子育ては、まだまだ続きそうですよね!duck4のところでも、泥を集めているようなツバメさんを見ることがあります!ところで、ハロゲンさんの見たツバメさんはワラを器用に折って運ぼうとしていたのでしょうか?v-519v-521
2018/05/24(木) 22:48:10 | URL | duck4 #Vt/ZXMnQ [ 編集 ]
こんばんは
長いワラですね!最後まで落っこちずに辿り着けたかな?
長距離を飛んで日本に帰って来て、巣を作って、子育てして・・・、本当にわたしも尊敬しています!
凄いことですよね!?
なのに卵を産んでいようがおかまいなしに巣を壊すとか、心底腹が立ってしょうがないし、よくそんな事ができるなあと悲しくなります。(実際に居たんですよ・・・)
それならまだ作れないように事前に工夫してほしい・・・。
あ~つい長くなりましたすみません💦

2018/05/24(木) 23:28:36 | URL | 香桜 #vJ5On1Uc [ 編集 ]
ツバメ良く撮れましたねーーー!
動きが早すぎて僕にはお手上げですわー。
2018/05/25(金) 11:20:27 | URL | onorinbeck #- [ 編集 ]
Xinさんへ
Xinさん、コメントありがとうございます。

毎年来ていたところに、来なくなるとどうなったのか心配になりますね。
都会では、汚されることを極度に嫌う潔癖症の人が多いんでしょうか。
何とか繁殖が上手くいくように祈っています。
2018/05/25(金) 17:51:18 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
duck4さんへ
duck4さん、コメントありがとうございます。

まるで土壁職人に見えますね(笑)。
こちらではこれから一番子を産卵するツバメもいるようです。
2018/05/25(金) 17:54:19 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
香桜さんへ
香桜さん、長文コメントありがとうございます。

どうも日本では潔癖症の人が多くて、汚れるからと言って巣を壊すのは自然破壊そのものですよね。
もっと泰然と構えてもらいたいです。
2018/05/25(金) 17:57:57 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
onorinbeck さんへ
onorinbeckさん、コメントありがとうございます。

ツバメの飛翔は速すぎて撮れません。
この時は、ワラや泥を集めていたので撮ることが出来ました。
2018/05/25(金) 17:59:52 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.