FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201810
アカシジミ(赤小灰蝶)&ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶)
今日は、地元の林で出会った二種のシジミチョウの登場です。

(1) 最初に出会った格子状の模様があるチョウ、家に帰って調べたところ、どうやら「ウラナミアカシジミ(裏波赤小灰蝶)」と思われます。
P1240873.jpg



(2) 埼玉県では、絶滅危惧II類(VU)とのことで数が減少しています。 希少種に出会えたことになります。
P1240877.jpg



(3) 翅を開いたところを撮りたかったのですが、これ以上開いてくれません。
P1240878.jpg



(4) 上のチョウがいた近くで出会ったこちら、これも調べたら「アカシジミ(赤小灰蝶)」のようです。
P1240881.jpg



(5) 別の場所では、葉っぱの奥にいました。
P1240933.jpg



(6) 暫く待っていると出てきました。とても綺麗です。
P1240935.jpg

今回紹介した二種はどちらも「ゼフィルス」の一員。
なお、Wikiにはゼフィルスについて次のように説明されています。
『ゼフィルス(Zephyrus)とは、樹上性のシジミチョウの一群であり、日本には25種が生息する。
分類学のレベルが低かった時代に、樹上性のシジミチョウの仲間を総括して Zephyrus と呼んでいたのが始まりで、語源はギリシャ神話の西風の神ゼピュロス。
このゼフィルスに属するシジミチョウの雄は、木の枝の先端などで縄張りを張り、同種のチョウの雄が進入して来ると追いかけて縄張りから排除する習性を持つ。
一般に翅が縦に長く、森林性が強い。ほとんどの種がブナ科植物を食べ、卵で越冬する。成虫は6月から9月の間に発生し、年一化。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ハロゲンさんへ

こんばんは!

両方とも初めて見るチョウチョさんですね!
絶滅危惧種ということは貴重なチョウチョさんなんですね!v-519v-521
2018/06/05(火) 19:38:47 | URL | duck4 #Vt/ZXMnQ [ 編集 ]
ハロゲンさん、こんばんは。

いやあ、ゼフィルスが一気に二種撮れるなんて、羨ましいですね。
さすがにゼフィルスですよね。すごく綺麗です。
2018/06/05(火) 22:22:37 | URL | 奥真館 #- [ 編集 ]
ハロゲンさんは、蝶も詳しいですねー。
このシジミ蝶の模様初めて見ました!
2018/06/06(水) 09:44:24 | URL | onorinbeck #- [ 編集 ]
duck4さんへ
duck4さん、コメントありがとうございます。

私も初めてで、希少種ということを知りました。
どちらもきれいなチョウですね。
2018/06/06(水) 16:14:18 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
奥真館さんへ
奥真館さん、コメントありがとうございます。

ゼフィルスという名前は、奥真館さんに教えて頂きました。
一気に二種も撮れたのはとてもラッキーでした。
嬉しかったです。
2018/06/06(水) 16:17:36 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
onorinbeckさんへ
onorinbeckさん、コメントありがとうございます。

チョウについては、ブロ友さんに教えて頂きながら勉強しています。
なかなか覚えられません。
2018/06/06(水) 16:19:29 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.