FC2ブログ
ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
オオムラサキなど
東京都青梅市へ行った際、花木園(小曾木4丁目)に寄ってみました。

(1) オオムラサキ♀(日本の国蝶、タテハチョウ科)の姿が見えました。
P1250593.jpg



(2) オオムラサキ、特にメスは翅を広げるととても大きいです。
    樹液を求めて、カナブンやハチも来ていて、場所取りで小競り合いがあります。
P1250599.jpg



(3) どうやら場所を変えるようです。
P1250600.jpg
出来ればオスも見たかったですが、自然状態でオオムラサキが見られる環境は素晴らしいと思います。



(4) 近くの枝にはアカボシゴマダラ(外来種、タテハチョウ科)も来ています。
P1250614.jpg



(5) こちらはイチモンジチョウ(タテハチョウ科)、逆光できれいに見えます。
P1250616.jpg



(6) ゴマダラチョウの仲間(タテハチョウ科・ジャノメチョウ亜科)、名前が分かりません。
 お二人のブロ友さんから「サトキマダラヒカゲ」と教えて頂きました。ありがとうございます。
P1250603.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
スポンサーサイト
コメント
コメント
ハロゲンさん、こんにちは。
花木園には行った事がないんですが
長い滑り台があるところですよね?
オオムラサキがいるとは知りませんでした。

⑥はサトキマダラヒカゲだと思います。
2018/08/22(水) 17:39:48 | URL | けんさん@埼多摩 #- [ 編集 ]
今晩は。
自然界でオオムラサキが見られるのですね。
雌は地味ですね。
知らなければオオムラサキとはわからないかもしれません。
私もサトキマダラヒカゲだと思います。
似ている蝶にヤマキマダラヒカゲがありますがこちらは山地にいるそうです。
2018/08/22(水) 19:32:04 | URL | Xin #- [ 編集 ]
けんさんへ
けんさん、コメントありがとうございます。

花木園、おっしゃる通り200メートル以上の長い滑り台があるところです。
青梅市内からは車で20分くらい要します。
私も、ここでのオオムラサキはお初です。
また、サトキマダラヒカゲを教えて頂きありがとうございます。
2018/08/22(水) 19:41:14 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
Xinさんへ
Xinさん、コメントありがとうございます。

オオムラサキのオスは、青紫が美しいですが、メスはやはり地味ですね。
ジャノメチョウの仲間は識別が難しいです。
教えて頂きありがとうございます。
2018/08/22(水) 19:46:00 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
ハロゲンさんへ

身近なところにいろいろなチョウチョさんがいますね!v-519v-521
2018/08/22(水) 20:06:42 | URL | duck4 #Vt/ZXMnQ [ 編集 ]
こんばんは
自然界のオオムラサキがいるなんて素晴しいですね。
樹液も、いい場所は人気ですね^^
サトキマダラヒカゲ、端正な綺麗な顔をしてますね。
2018/08/22(水) 22:07:01 | URL | 香桜 #vJ5On1Uc [ 編集 ]
duck4さんへ
duck4さん、コメントありがとうございます。

この時季、田舎では色々なチョウがいますね。
しかし、名前が分からず苦労します。
2018/08/23(木) 08:44:56 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
香桜さんへ
香桜さん、コメントありがとうございます。

ここには、かつて行ったことがありますが、オオムラサキを見たのは今回が初めてでした。
樹液は昆虫にとって人気の場所ですね。
サトキマダラヒカゲ、とても目が大きいですね。
2018/08/23(木) 08:47:42 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
めっちゃ綺麗に撮れてますねー!
オオムラサキ、僕も撮りたい!(^^)!
2018/08/23(木) 09:48:37 | URL | onorinbeck #- [ 編集 ]
onorinbeckさんへ
onorinbeckさん、コメントありがとうございます。

自然界でオオムラサキに出会える機会はそう多くはないので、今回はラッキーでした。
出会えるといいですね。
2018/08/23(木) 17:46:12 | URL | ハロゲンくん #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.