ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
里山散歩(下)
今日は、地元の林を散歩したときに出会った鳥さんを紹介したいと思います。

(1) まずはシロハラ(白腹)、今季よく出会います。
P1070743b.jpg
シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きいヒタキ科の冬鳥。



(2) 落ち葉が溜まったところで枯れ葉をひっくり返し、食べ物を探していることが多いです。
P1070768b.jpg



(3) ヤマガラ、落ちている草木の実を探しているようでした。
P1070774b.jpg
ヤマガラ:全長14cm、スズメと同大のシジュウカラ科の留鳥又は漂鳥。



(4) 林の奥にはノスリが枝にとまりました。
P1060307b.jpg
ノスリ:全長55cm、ハシブトガラスより少し大きいタカ科の留鳥又は冬鳥。



(5) 猛禽にしては可愛い顔でこちらににらみを利かせました(*_*) 。
P1060305b.jpg



(6) ホトケノザが逆光で輝いて見えました。
P1070658b.jpg


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
里山散歩(上)
今日は、地元の小さな川を鳥見散歩して出会った鳥さんを紹介します。

(1) まずはモズ子ちゃん、逆光気味の光で優しく見えます。
P1050523.jpg
モズ:全長20cm、ハクセキレイより少し小さいモズ科の留鳥又は漂鳥。



(2) セグロセキレイ、何か小さな生物を捕まえました。
P1050545.jpg
セグロセキレイ:全長21cm、ハクセキレイと同大のセキレイ科の留鳥又は漂鳥。



(3) イカルチドリ、この川で見かけるのは珍しいです。
P1050531.jpg
イカルチドリ:全長21cm、ハクセキレイと同大のチドリ科の留鳥又は漂鳥。



(4) クサシギ、強風の中で採餌中。
P1050529.jpg
クサシギ:全長22cm、ハクセキレイより大きいシギ科の旅鳥又は冬鳥。ここでは冬鳥です。



(5) ダイサギ、遠かったのですが私を見て飛び立ちました。
P1050537.jpg
ダイサギ:全長90cm、サギ科に属しアオサギより少し小さい。



(6) ダイサギの伸ばした足の下に、先程のクサシギが見えます。、
P1050540.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
アオシギ(青鷸)-(下)
昨日の続きのアオシギです。
初見初撮りなこともあって沢山シャッターを押したので、今日もお付き合いください。

(1) この画像を見ると、顔やお腹の白い部分が名前のように若干青っぽく見えます。
P1070513.jpg



(2) シギ類は、つぶらな瞳が可愛いですね。
P1070605a.jpg



(3) 正面顔です。
P1070625a.jpg



(4) アオシギ、関東では奥日光で見られたこともあったそうです。 埼玉で出会えたことに感謝です。
P1070634a.jpg



(5) 傍を流れる入間川には三羽のキンクロハジロ(メス)。
P1070647.jpg



(6) そしてマガモはカップルで現れてくれました。
P1070651.jpg

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
初見・初撮りのアオシギ(青鷸)-(上)
日本に数少ない冬鳥として渡来するアオシギ、埼玉県に飛来したとのことで行ってみました。

(1) 大きな木の間の湿地で採餌していました。
P1070398b.jpg
シギ類はどれも似ていて識別が難しいです。アオシギは背中の模様がタシギに比べ複雑で細かいと思います。



(2) 他のシギ同様、長いクチバシを奥深くまで突っ込んで採餌しています。
P1070400b.jpg



(3) とても小さなものを咥えていましたが、何でしょうか?
P1070410b.jpg



(4) 採餌途中に一息入れて羽繕いなどしていました。
P1070401b.jpg



(5) Wikiには、和名の由来は「顔や体の下面の白色部分が薄い青灰色を帯びている」とあります。
   そういう目で見ると青っぽく見える気がします(ノд`)。
P1070435a.jpg
大トリミングしています。



(6) 上とは反対を向いてくれました。
P1070447a.jpg
今回の撮影は、遠い上に、手前に木々などの障害物がありスッキリした画像とはいきませんでした。
(埼玉県飯能市阿須運動公園近くにて)

アオシギ:全長31cm、タシギより大きいシギ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『シベリア東部および中部、サハリン、ヒマラヤ北部で繁殖し、北方で繁殖した個体はインドやパキスタン、中国南部などに渡り越冬する。
日本では冬鳥として北海道から沖縄まで全国に渡来するが、数は多くない。特に、本州中部以南での記録は少ない。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
コガラ(小雀)
埼玉県民の森ではコガラにも出会えました。

(1) 管理事務所にバードフィーダーが設けられ、この時はコガラが次々とやって来ました。
P1070154b.jpg



(2) バードフィーダーからヒマワリの種を頂き。
P1070158b.jpg



(3) 近くの枝に移り、まず種を足で押し付けます。
P1070160b.jpg



(4) 種を突っつき実を食べます。
P1070164b.jpg



(5) お食事の様子を動画(10秒弱)に撮りました。


最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.