ハロゲンくん・気まぐれ写真日記
身近な鳥を中心にした自然観察ブログです。
201801<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201803
コジュケイ一家
荒川河川敷にある小さな池でコジュケイ(小綬鶏)一家に出会いました。

(1) 池の淵で水を飲んでいる所でした。 六羽いると思います。 こんなに沢山いるのは初見です。
P1210699.jpg



(2) 飲み終わった仔から退場していきました。
P1210702.jpg



(3) 順々に行儀良く木々の間へと消えていきます。
P1210708.jpg



(4) 一度全員が引き下がりましたが、再び水を飲みに、もっと近いところに現れました。
P1210730.jpg



(5) 更にもう一羽来て二羽になりました。 この後はすぐに引っ込んでしまいました。
P1210733.jpg

コジュケイ:全長28cm、キジバトより小さいキジ科の留鳥で移入種。
その生息域についてには次のように記されています。
B. t. thoracicus コジュケイ
中華人民共和国南部
日本(本州<北陸地方以北を除く>、四国、九州)に移入・定着。
B. t. sonorivox テッケイ
台湾
日本(神戸市周辺)に移入・定着。』
藪の中で身体に似合わぬ大きな声で「チョットコイ、チョットコイ」と鳴き、驚かせられることがあります。

最後までご覧頂きありがとうございます

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
シロハラ(白腹)
最近、あちこちでシロハラに出会います。一方、アカハラにはあまり出会えていません。

(1) シロハラA、竹の手すりにとまるシロハラ、寒くて羽を膨らませています。 とても頭が黒いです。
P1210321.jpg



(2) シロハラA、そのうち口から真珠のような白い球を吐き出しました。 消化しきれなかったもの、いわゆるペリットでしょうか。
P1210322a.jpg




(3) シロハラB、上とは別の場所で出会った個体、普通はこんな風にスマートだと思います。
P1210568.jpg



(4) シロハラB、この仔も結構頭が黒いですね。 頭が黒いのがオスくんとのこと。
P1210571.jpg



(5) シロハラC、枯れ葉の中で虫などを探す姿、上記のAとBに比べ全体的に淡い色彩です。これはメスさんと思います。
P1210416.jpg

シロハラ:全長25cm、ツグミより少し大きいヒタキ科の冬鳥。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『東アジアに分布する。中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬する渡り鳥である。
日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で主に見られる。日本で越冬するものは春になると北方の繁殖地に戻る。中国山地や対馬の御岳鳥類繁殖地(日本国指定の天然記念物)など、西日本の山地でも少数が繁殖していると考えられていたが、西中国山地で繁殖しているのが確認された。なお、日本では鳥獣保護法により禁猟であり、捕えると処罰対象となる。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
珍客
林でミヤマホオジロを撮影していたところ、珍客が入ってきました。

(1) ミヤマホオジロくん、地上で草木の実などを食べた後、枝にとまりました。
P1210480.jpg



(2) クチバシを枝にこすりつけて、汚れを落としています。 
P1210483.jpg



(3) 「僕は、正面から見た姿が美しいけど、後ろ姿も素敵でしょう。よく見てね。」 自画自賛。
P1210487.jpg



(4) 一方、ミヤマホオジロ女子を撮っていたところ、右に珍客が現れました。ミソサザイです。
P1210426.jpg



(5) この後あっという間に行ってしまいました。 撮れたのは2カットのみ。
P1210427.jpg
全長は、ミヤマホオジロ16cm、ミソサザイ11cmです。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
ルリビタキ(瑠璃鶲)
今季、ルリ子さんにはよく出会いましたが、ルリ男くんにはさっぱりでした。
先日、地元の林で運よくルリ男くんに出会い嬉しくなりました。

(1) 竹林でゴソゴソする動き、待っているとルリ男くんが現れました。
P1210499.jpg



(2) 次いで近くの枝にとまりました。 かなり近いです。
P1210531.jpg



(3) 飛び出しました。
P1210546.jpg



(4) 降りた先は、落ち葉が堆積した水場、水を飲み始めました。
P1210551.jpg



(5) 美味しそうに飲み込んでいました。
P1210552.jpg



(6) 一鳴きして再び竹林へと入って行きました。
P1210560.jpg

ルリビタキ:全長14cm、スズメと同大のヒタキ科の漂鳥。
夏に、標高2500m位の亜高山帯で繁殖。
その生息域についてWikiには次のように記されています。
『アフガニスタン、インド、エストニア、カザフスタン、タイ、大韓民国、台湾、中華人民共和国北部および南部(香港含む)、日本、ネパール、パキスタン、フィンランド、ブータン、ベトナム、ミャンマー、モンゴル、ラオス、ロシア。
夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する。
日本では基亜種が夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬する。』

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
武蔵丘陵森林公園(その6)
今日は、武蔵丘陵森林公園の最終日です。

(1) 原種シクラメンの小さな花が咲いていました。 原種というだけあって非常に小さいです。
P1210230.jpg



(2) 松の木の下でヤマガラが食べ物探し中、何かを咥えていました。
P1210244.jpg



(3) 近くにはツグミも採餌中でした。
P1210294.jpg



(4) ジョビ子さんはあちこちで見られました。 一方、ジョビ男くんは最初に見ただけでその後現れません。
P1210234.jpg



(5) 疎林地帯では松の木の上方でキクイタダキが忙しく動き回っていました。 枝被りでピンボケ。
P1210302.jpg



(6) 辛うじて証拠写真が一枚取れました。 手強い相手です。
P1210312a.jpg

これで武蔵丘陵森林公園を終了します。

最後までご覧頂きありがとうございます。

↓ いつも拍手を頂き感謝です。
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.